関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2018年07月

まずは
コレにひとこと言いたいことが(`Д´)ノ
↓↓
http://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/h30/0704/

お盆中の土日は高速道路の割引が無いようだね。。。
出掛けられる方、帰省される方は要注意


書いてあるような、見苦しい言い訳や方便はいらない

関東と東北を受け持つ某鉄道会社のように、今の時代は取るべき所から取ろうと必死なのは、今のご時世当然ちゃ当然ちゃ当然なので、
何を言っても、どんなに言い訳しても、
増収の魂胆はみんなにバレバレだよ

こんな言い訳で一般人を誤魔化せるなんて思っていたら大間違いさ😜
市民の眼をナメてもらっちゃ困るな。。。


だけどコレで下道が混むようになっては困る💦


高速道路の交通量ばかりでなく、一般道にどれ位の影響が出るかも観測してからデータを集めてから、今後の検討をしてもらわなきゃな。。。





さて、本題。


TVで放映され、一時話題になったポテト貝塚

つくば市内の店が有名だけど、
本店はかすみがうら市にある。


帰り道なんで、実家への土産の購入を兼ねて、
寄ってみることにした。
20180522_151006


ここは冷やし焼き芋で有名。
表の皮は香ばしくシャキッと
中は蜜が入ってシットリとしており、
冷たくするとさらに美味く感じる。

この日は二種類の焼き芋が試食に置いてあった。
20180522_151241


あ、二種類とも、ちゃんと買ったよ(^^)

20180522_151852

冷やしても甘くて、パサパサにならないこの芋は、
非常に珍しく貴重な味。。。
まさに茨城の実力を示す逸品。。。

宮崎でも同じような品を真空パックで販売しているけど、茨城の「生」には敵わない味だ。。。




今回の茨城旅の話はコレでおしまいm(_ _)m
ちなみに今回の旅行総予算、総計17000円で収まりました\(^_^)/


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

笠間まで行ったので、
このまま筑波山近くを通って帰るか、
少し遠回りして那珂湊に行くかで悩んでいた


前日に日立で、少しだけどノドグロを食べる事が出来たし、昨年も5月に地魚が激安で売っていたので、
何か面白い食材があるかもしれない…と思い、
念のため那珂湊に行ってみることにした。


20180522_122222



河口付近に車を停め、海をながめる。

川の反対に見えるのは、
大洗の水族館「アクアワールド」だ。

ちなみにアクアワールドのフードコートは、
水族館に入らずとも入場可能。
シェアも可能だし、寿司を少しだけつまむことも検討したが
朝飯食べすぎて、まだ腹が減らない。。。

前日海鮮丼を食べたし、結局諦めることにした。


ここは、大洗まいわい市場や、那珂湊おさかな市場の食堂がが混雑して入れない場合、第三の選択肢になりえる事を覚えておいて損はないかと。。。



まぁ、それはともかく、
那珂湊おさかな市場で食材探しだね

20180522_125405

この日は、地物のイカやタコなど豊富に売っていた。

20180522_123555

生シラスも(@_@)
これは悩んだが、量が量だけに諦める。。。


この他に、鰹が1本800円から
ブリが1本千円から

やはりチバラキ産の地物が入荷すると
ここはダンチに安くなる‼

でもうちらには、
カツオやブリ買っても、デカイと下ろせない。
大き目の出刃包丁持って無いから、出来てイナダや花鯛がせいぜい。。。

それに、俺が「魚屋界のコストコ」と勝手に命名する位に販売単位がエラくデカいので、腐らすの必至…


で、他に何か良さそうなモノが無いかうろちょろしていると、
かなり小ぶりだが、地物のノドグロが
何と200円で投げ売りされていた。。。
朝捕りだから、かなりの鮮度だな。。。

20180522_172023


イワシもアジより大きめの奴が
10匹200円。。
これは凄い‼いかにもすごそうな脂だ。
速攻買ってしまった。。。

イワシも20匹200円
これも当然ゲットした。


こうなったら、鮮度との勝負だ。

氷をしこたま貰い、帰路を急ぐ💨




20160912_131831


途中、焼き芋屋と小休止の道の駅、
スーパータイヨーに寄った以外は
ノンストップで三時間半で実家のある鎌ヶ谷に着く。


イワシは頭を落としてしまったが、
本日の収穫はコチラ

20180522_172017


デカいイワシ10匹200円
デメキンよりひと回り大きい位のノドグロが
17匹200円

実家に何匹か置いて
とりあえず自宅に急ぎ
ノドグロを自宅で調理した

あまりうまくはいかないなぁ…😓
でも刺身で食っても全然平気だった。

20180522_200226


以前のレポ。結構今回と重複してしまいますが。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/31793053.html


昨年同所での大量のサバ購入の記事
↓↓

http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/19756493.html

ちなみに、
那珂湊おさかな市場のヤマサ水産の回転寿司は
この日も激混みでした。。。😓

手前味噌だが、
ヤマサ水産の回転寿司を食べる為の攻略法を書いた過去記事を参考に。。。
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/5983781.html





B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

宿の朝飯で腹イッパイになりまくったウチら。。。

とりあえず、以前に攻略し損ねた
笠間稲荷に行ってみることにした。

20180522_103845


ここ門前の駐車場は、どこも300円とられるので、
幾つかある市営駐車場を使う。

20180522_102453


ここは特別なイベント時以外、
料金はタダなのだ。
まぁ、神社までは、5分位は歩くんだけどね。。。

20180522_103354


参道は、平日の午前11時前ってことで閑散としているが、店も幾つか開いていた。
まずは神社にお参り。
20180522_104203



ところでお稲荷さんって、
二種類居あるって知ってました❔


1つは、ごく一般的イメージのキツネの神様。
日本の神道の神様で
当然神社に祀られている。


もう1つは、ダキニ天という仏教界の女神サマで、
この神様の連れがキツネさんという設定。
有名な場所では、豊川稲荷がそれに当たる。
つまりあちらは、神社じゃなくお寺なのです。

この元々違う神様&仏様を、合体させてしてしまったのは、江戸時代迄の神仏習合の名残り。。。

明治の廃仏毀釈、神仏分離により、お寺は大分取り壊されたり移設されたりしたんだけど、
七福神が神社とお寺両方に祀られているなど、
その神仏習合の名残はあちらこちらで見掛けます。


ちなみにここ笠間稲荷さんは、
神社なので間違いなく前者。



さて、話を戻しましょう。

訪問は5月半ば。。。
ここののもうひとつの名所、藤棚はの藤は、とっくに散って青々とした葉っぱになっておった。。。



さて、参道では蕎麦寿司を見掛けたが、今はまだ腹が膨れており、食べる気にならん。。。

必然的にテイクアウトになるが、暑いので傷むのがチョイと心配なので、今回は見送る。
20180522_103341


で、境内そばにあるお店で、
ゴマ入りお稲荷さん@2個240円を購入。。。
酢飯なら、少し位はもつだろう。。。
20180522_140713


これを帰りの車の中でいただいた。
20180522_140736


中の酢飯、ネタはゴマだけの筈だが、
実に様々な味がするから不思議だ。
揚げも甘くて美味しい。



でもさぁ、、、、
コレをB級グルメとして取り上げてはみたものの、
寿司はB級グルメの定義に含まれるのかな❔



B級グルメといえば、
以前から解けない疑問があるのだが、、、


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回、このホテルに泊まったもうひとつの目的は、
とあるご当地B級グルメに出会う為だ。


水戸駅近くでは、こんなノボリも見掛けた。

20180521_174316


このねばり丼、納豆・オクラ・ヤマイモのすりおろしに、だし汁をかけたモノで、
水戸で売り出している街興し系ご当地B級グルメだ。

このエリアにはねばり丼を出す店が数店舗あるが、
1000円位かかる。

ところが、泊まったホテルでは
何と朝食ブッフェでもいただけてしまうノダ‼

20180522_083058


20180522_083050

じゃあ早速、作ってみっぺ‼

なっとう、オクラ、山芋のすりおろしに
温泉たまごをかけ、ダシをかけてみたが、
お茶碗が小さいから、
少し作り難いな。。。

20180522_083440

でもね…
これが身体に染み渡る野田よ。。。
身体に優しく、尚且つ元気が出る。

さすが粘りパワー、
丼の中でセッションするネバーランドを侮る事なかれ。。。( ・∀・)

他のオカズもウマイなぁ

20180522_082626


朝からカレーも食えるし
20180522_082716


サラダバーまであるし。。。

20180522_083116


1泊朝食付き二人5000円は
今は亡き、高崎のホテルスワを思い出してしまった。

あちらは無くなってしまったケド、
ここには頑張ってもらいたいっす。。。


とにかく、前から注目していた水戸のご当地B級グルメ、ねばり丼はこれでクリア出来たが、
また食べ過ぎてしまった。。。

ウチらはバイキング禁止だな、こりゃ。。。


ちなみにこのねばり丼は、
水戸駅北口近くにある、幾つかの食堂でも食べることが出来る。
気になる方は要チェックだ(^^)

1000円近いクラスになると刺身入りだし、
他のオカズも付いたりグレードUPするので、
損した気持ちにはならない筈。。。


それにしても
絶滅せず10年近く現存しているのは、
納豆がベースになっているからかな??

開発系のご当地B級グルメだけど、
発掘系のようにベースになる素材があると長生きできる典型例かと。。。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

茨城への旅の予算を安く抑えるキモは
水戸での宿泊費にかかっている。
…と言っても過言じゃない。

水戸のビジホの価格相場は、
関東では高崎に次ぐ安さかと。


なんせ1泊朝食付き、税込み、駐車場込みで、
平日なら大人二人5500円~6000円
土日なら同7000円前後で泊まれる宿が幾つかある。



で、今回の旅は、
距離的には充分に自宅に帰れる距離・時間だったが、
前日寝ていないし、車にも負担かけられないし

病み上がりのカミさんを休ませなきゃならないし、
あえて水戸で10年振りに泊まってみることにした。


運良く水戸駅から歩いて5分程の場所にある、
格安ホテルが取れた。
(名前は画像を参考に。。。)

20180522_093930


じゃらん経由で、5月の平日に予約したのだが、
何と、1泊朝食付きで
5000円。。。!!( ; ロ)゚ ゚

但し、先着25台しか無料駐車場に停められないんで
夕方5時にはチェックインした。
(尚、車の鍵はホテルに預けなきゃならないので、抵抗感のある人には勧められない。)

さらにここは、
レストランも併設し、ウェルカムドリンクのグラスビール🍺又はグラスワイン、ソフトドリンクが付き
しかも軽い夜食がサービスになっているのだ

20180522_082531


昼間に海鮮丼とスタミナ冷やしを食ったので、
まだ腹が減らない。。。

腹ごなしに水戸駅近辺を歩いてみる。

20180521_175931


さすが県庁所在地だな(^^)
納豆の看板が。。。


町中の居酒屋さんを幾つか覗いてみたりもしたが、
腹が空いていない為か、
俺の中にある「食バイオセンサー」が働かず、食べたいものを見つけられない。。。


気になる串揚げ屋や、モツ焼き屋もあったが、
わざわざここまで来て…って感じでもない。
価格はそれなりに安かったが。。。



で、結局ホテルに戻り、
併設のレストランにお世話になる事にした。


ただ、無料サービスに頼りすぎるのもなんなので
ツマミを何品か注文した。


まずはウェルカムドリンクのグラスビールに

イバラキケンミンが愛してやまない蛸は食わなきゃって事で、蛸の唐揚げ@480円をオーダー

そして昼に刺身は食ったけど、
また違うインパクトの生魚を味わいたく、
本日のカルパッチョを@780円を注文。
この日は鯛だった。

20180521_194137


蛸はともかく、鯛のカルパッチョは
なかなかの量で、鮮度がかなりよい。


案の定、ビールはすぐに無くなった....
だが、ちょうどワインのフェアの最中だったので、
格安のワインの赤と白を注文。。。
宿泊者は、1杯200円で飲めるのだ。。。
20180521_204139


腹はそれほど空いてはいなかったが、
酒が入ると調子は上がる。。。

勢いで、ガーリックトーストと、
ウインナーとポテトフライの盛り合わせをオーダー

20180521_195935


二人でワイン5杯のみ、酔っ払ったところで
最後は、本日の宿泊者用のサービス夜食
おにぎり茶漬けで締める

20180521_203132

コレが出ると最初から分かっていたら、
鯛一切れ残しておきゃよかった(-_-;)
鯛茶漬けにしたら、さぞ美味だったろうに。。。


それはともかく、
これだけ注文して
3200円(^^)
これには助かった‼


さて、この宿に泊まる事にしたのは、
近年この地域にて育てている、街興し系ご当地B級グルメが目当てだったからさ。。。

これについては、また次回。。。


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ