関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2017年08月

群馬にはヨコオフーズのこんにゃくパークがある様に、
ここ茨城大洗には、かねふくのテーマパークがある。

ここめんたいパークは、
すっかり有名になった工場&ショップだ。

20170114_141509


まずは生めんたいの試食から。
入口からすぐの場所で食べられる。
かなりの行列だった。

20170114_142129

そこら辺に売っているのは、
解凍の明太子。

ここのは冷凍前の生の状態
みずみずしさが段違いだ。


中のフードコートでは、
色々アレンジされた明太子料理があるが、
めんたいソフトだけは、
さすがに食う気になれなかった。
20170114_144444



ここの名物は、生明太子をふんだんに使った
ジャンボオニギリ@380円。
途中小腹が空いた時にシェアして食った。

20170114_182812


サイズは、普通のお握りの倍はあるだろう。
20170114_183408

中身も生めんたいが沢山詰まっている。

中身の明太子も美味だが、
ご飯は固すぎず柔らかすぎず
海苔に関しても絶妙なシットリ加減。。

計算し尽くされているバランスだ!!


工場見学では
生産ラインをガラス越しにみられる。

20170114_143657




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

水戸・大洗・ひたちなかエリアは、
ご当地B級グルメのメッカである(^^)
那珂湊焼きそばや、どぶ汁(アンコウ鍋風の味噌汁)は
このブログで紹介してきたが、
他にも色々あるようだ。
水戸藩ラーメンや、レバーのあんかけ「スタミナラーメン」が有名だが、
この辺の有名ご当地B級グルメは、
他の方々が沢山記事にしているのを見掛けるので、急がずそのうちクリアといこう。
(このエリア行くと、我満が利かずに海鮮に飛びついてしまう悲しい性なのよ。。。ウチらは。。(^^;…)


今回は、大洗のご当地B級グルメ、
みつだんごについて…


大洗の中では、
ガルパンの巡礼が凄い地区と、
そうでない地区がある様だが、

このみつだんごの店は、そのストライクな地区にある。

車で行かれる方は、
くれぐれもヲタさん達を轢かない様に
気をつけねばなるまい(^^)…


大洗のみつだんごは、昔から地域のオバサマ方が
お茶請けにしてきた、本物のご当地グルメだ。

店は少ないが、このたかはしは健在

20170114_140532


店内は懐かしい雰囲気

20170114_140330




小麦粉を溶いて焼いた団子に、
みたらしときな粉をかけただけだが、
モッチリしていて癖になる。

20170114_140505


ここもガルパンがハンパ無い(^^)



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

予告どおり今回からは、
イバラキ~トチギ迄、
北関東半周の旅してきた時のことを書いてみたい。

だが今回はB級グルメは3品、B級スポットは2ヶ所程度で、後は普通の旅に近いのでご了承をm(._.)m



自宅を朝8時に出て、
まずは茨城から攻めるか…
途中、スマホの不調に悩まされたりしたので、
画像は少な目だが(T_T)


茨城の海の幸といえば、近い場所では那珂湊か大洗
その中でも、大洗漁協直営の店がここ近年話題に上がっている。

ここは土日祝はおろか、
運悪ければ平日でも行列が出来るので、今まで行くチャンスが無かった(T_T)

今回はここを攻略する為に
午前11時の開店に間に合わせたノダ!!



その店の名は
かあちゃんの店

という名の食堂…いかにもなネーミングだな(^^)


20170324_105131


朝水揚げされたばかりの
海の幸を味わえるとの事にて、
関東一円から客が訪れるらしい。

水揚げされたものばかりを使うので、
刺身の中身もまた日替りである。

20170324_112657


さすか平日の午前中。
開店して間もない為、行列無く入れた(^^)

ここは先にレジにて会計を済ませるシステムだ。
なので、悩んでいる暇はnothingダ!!

お刺身定食と、
シラス二色丼定食を注文。
かき揚げを、単品で追加注文。


刺身定食は五点盛りで、
ひらめ、たい、ぶり、カンパチ、
あとはミックスしたなめろう。

汁はブリのアラ汁だった。

20170324_105845



かき揚げには、沢山のシラス…
衣がシラスみたいな感じ。

ブリもかき揚げには入っていた。



シラス二色丼は、
このあたりで採れたての新鮮な生シラスと、
釜あげシラスが、沢山乗っている。

釜あげは、やや塩が強い感じだが、
非常に美味であった。

20170324_105930


トータルで2700円と、
一発目から鉄の掟を破り
かなり奮発してしまった(T_T)

値段はさすがに観光地価格ではあるが、
それでも千葉と比べると、大体200円位安い。

しかも税も内税なのがありがたい。

店の駐車場のそばは、漁港である。
20170324_105027

腹ごなしに歩くのも、良いかもね(^^)

ちなみに、ウチらが港を見てから車に戻った時には、
店の前に、なが~い行列が出来ていた( ; ゜Д゜)

あぶねぇあぶねぇ…(;゜∇゜)


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

栃木名物といえばレモン牛乳だけど、
牛乳嫌いな俺は
なかなか飲む勇気が起きず
今日に至っていた(-""-;)

レモン牛乳のアレンジ品である
いちご牛乳は美味く戴いたが、
これがレモンに換わるとなると、
なかなか飲む気が起きず…


が、そんな俺でも、
飲めそうな「レモン牛乳」を発見した


20170814_234109


がぶ飲みソーダシリーズの
レモン牛乳味(^^)

20170814_234119


今迄無かったのが不思議な位。。
ただ、残念ながら期間限定品らしい(T_T)

さて、お味は…

レモンの酸味とクリームの味が上手くマッチ!!
乳酸菌飲料みたいな味に仕上がっている。

これなら俺でも大丈夫!!

全国1000万の牛乳嫌いな皆さんも、
試してみれば??




レモン牛乳のアレンジ品といえば、
栃木県内の道の駅のうち一部店舗では
レモン牛乳アイスというモノも販売している。
20140601_121407

レモンのフレーバーは結構強く感じるかな(^^)



さてさて、次回からは
茨城から栃木迄、
北関東半周の旅を書いてみよう。

グンマはその後になりそう。。。

もう少し教科書を読み込んで構想を練らなきゃならないし、予算を確保せにゃならん(-_-;)

その頃にはすでに、映画もスタンプラリーも終わり
旬も過ぎてしまうな…

いっその事、先に在庫分のグンマ記事を公開してしまおうか悩んでいたが、
大分古くなりつつある
栃木・茨城の在庫記事を放出してしまおう



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

日常生活から
記事を練金術的に作り出すのはホント難しい。
ご当地B級グルメとはまた違った技術が必要だね…
この系統の記事だけでブログを書いている方には
脱帽です(^^)


数日前にスシローに行ったら、
普段は目にしない、チョイと変わったネタが、
幾つか流れておった


20170820_122324


チョイとブレてしまったが、
少々グロいので、これ位が丁度良いか。。。
どうや、アワビの肝らしい。

鮑ひと皿、300円弱
とても高価で俺は食えない。。。

だが、肝に関しては108円(^^)

早速食べてみたが、苦味や磯臭さは無く
適度にレバーらしい脂の乗った、なかなかの一品だったな。


20170820_115716

↑↑
コレはアボカドとマグロのタタキ??
コレも見た目少々グロいが、アボカドによりマグロがアブラギッシュになり、トロリとした食感。
なかなか美味。
お隣はカジキの炙り。
これもいい感じに脂が乗っているが、少し炙り過ぎだった。。


20170820_115819

↑↑
カレイの種類は忘れたが、なかなかの味わい。
カレイ特有の臭みは無い。上品な白身。
生サンマの握りは、これから暫くは食えるね。。
ハマチは、脂の乗っている腹側と背側を味わう。


この他に、写真を撮り忘れたが、
一皿300円近くする、黒毛和牛のランプステーキ寿司があった。
…が、当然こんな高価なモノは食えず(>_<)

羨ましいなぁ…と、通過する皿を眺めていたら、
何と、その後から、
ランプの切れ端が軍艦で流れてきおった( ; ゜Д゜)
脂身が多かった為か、何と108円\(^^)/
コレは助かった(^^)
やや癖はあったが、コレも美味だった。。

スシロー行くなら、日曜の11時半位が狙い目だね。。
色んなネタが流れ始めるからね。。。



そうそう、ランプついでに…

スーパーの精肉部では、ランプをただのモモ肉として販売している場所もあるが、
中にはランプと明記してある店も多い。
ステーキにするなら、なるべくサーロインみたいな面長の肉を買うと良いよ。

サーロイン(腰)とランプ(お尻)は繋がっており、
このサーロインみたいな形の部位は、サーロインの風味がより楽しめる。
しかも値段はサーロインよりもグラム100円~200円安い!!

焼き肉用としてカットされているなら、反対側の脚に近い部位を狙う。
特にイチボという部位はランプにくっついており、霜降りが多い割に少し固めだが、味わい深い部位だ。

これが他のモモと同価格で売っていたなら、
絶対に買いだ!!



話は元に戻す。
スシロー行ったついでに、モギたての梨を求めて
鎌ヶ谷の梨の直売所を幾つか回っていたら、
3個200円と、格安に販売している場所を見つけた。

20170820_104124-1


20170820_104124-2


不揃いだが、自宅で食うなら充分ダ!!
甘さ、瑞々しさがハンパない(^q^)


後は相撲とランキングネタの記事にも書いたが、
鎌ヶ谷グリーンハイツ近くの農園が、梨を廉価で買えるオススメの場所ダ!!
こちらは8~9個で300円(-_-;)


何はともあれ、寿司は二人で1700円
梨は200円

このカテゴリらしい金額の範囲内で収まってヨカッタ




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ