関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2017年02月

さてさて
まずは前回のサイボクハムのつづきを

表のフードコートでの一番人気は、
炭焼きのスペアリブらしい。

20161224_145240



ジュ~ジュ~焼いて美味そうだなぁ(^q^)

20161224_143946


でも色々食ったんで、1本を半分でいいや…
有料の試食って感じにしとこうと思ったのだが…

何と店員さん、
小さめのスペアリブを2本セレクトしてくれた!!
20161224_144203



2本で1本値段で良いのだとか(@_@)

特別サービスやぁ
こいつはラッキーだった\(^^)/


サービス業の基本って、
客を観察し、
最適な方法をセレクトする事だと思うが、
それが徹底されている様だね…

他のお客さんには、
デカイの1本を小さめにカットして
二人で食べやすい様にしていた様だ。


この心配り、痛く感心してしまった。



で、スペアリブのお味は…

さすがに濃厚。脂身の部分がジューシー
やはり、臭みとは無縁
ビールが欲しくなったが、
ここはガマンガマン



サイボクハムにはかつて
大人気を誇る横綱級の
温泉スタンドがあったのだが、

3年以上前に引退になってしまい、
ご覧の様に更地に…
20161224_142708


なので今回は、30分弱先にある、
飯能のカインズホームの温泉を買いに行く。


ただ、今回飯能に寄った目的は、
コレがメインの目的ではない。

実は以前から注目していた、
カインズ飯能店の手前にある公園が目当てだった。


飯能にムーミンのテーマパークを作っているが、
なかなか完成せず、開業は延期を続けている。


が、一方でこの公営の公園には、
ムーミンの世界を彷彿させるモノが
一足先に先行して完成しているのだ。。。

20161224_153616

宮沢湖に出来る予定のテーマパークに配慮して、
ムーミンの名前こそは出していないが…
20161224_162825


いかにもムーミンが出てきそうな雰囲気…(;゜∇゜)


しかも、
その中に入れる様になっているのだ!!

20161224_154145


いゃあ、よく出来ている。

20161224_154104


入場は、何と無料だ( ; ゜Д゜)

20161224_162320


そしてこの公園の坂の上には、
ムーミンの作者の資料館がある。

20161224_160434

作者の方は、今世紀頭まで生きていたらしい。


で、この中にはムーミンに関する図書が幾つも置いてあり、読める様になっている。
20161224_161820




鬼平犯科帳には、
江戸の「通で粋な」食い物が沢山出て来て、
それが読者を魅了する要素の1つになっているが、
それに負けじと、ムーミンの小説もなかなか凄い。

ムーミンママ特製の
「通で粋」なフィンランド料理が
沢山出てくるのだ。

20161224_161825


ムーミンママは料理好きで、
とうとうこんな本迄出してしまったみたいだ。


で、子供の頃に印象に残っている
ムーミンママの料理といゃあ、

パンケーキだわな。

埼玉といゃあ、地粉料理に力を入れているが、
いっその事、パンケーキも仲間に入れてみては??

すいーとんに次ぐ、
飯能名物に育てられないものかな…



……………………………………………………………………………………

そうそう
2月末~3月半ば迄は、
越生の梅林が身頃だ。
入場料・駐車料金がかかるが、
余裕のある方はどうぞ。


20160229_150947




B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

今回は、B級グルメのブログで交流のある方々の
パクリになってしまうかもしれません。。。

こちらはB級グルメとB級スポットを主とした貧乏旅を標榜しているブログって事で、
どうか見逃してくたされm(__)m



では、本題へ。

少し前、毎度大袈裟な話題を振りまいている
ケンミンshowにて
今度は千葉vs埼玉をしきりに煽っておった。


で、千葉のネズミの国に対抗するテーマパークとして
番組で取り上げられていたのが、
このサイボクハムである。。。

20161224_135615


ここに併設されている温泉にだけは
かつて行った事がある。

20161224_142610

温泉に併設されたレストランは価格が高くて、
目ん玉がぶっ飛びそうになったが( ; ゜Д゜)
トンカツが美味だった



これだけデカいテーマパークなら、
きっと安いB級グルメ的なフードもある筈…

って事で、今回の旅に急遽組み込む事にした。

20161224_135732


駐車場も空きが僅か。
噂に違わぬ混雑だ…

20161224_135702


レストランは、とりあえずスルーだね…
何食うかは、案内板を見て1周してから決めっか…

20161224_142743


とりあえずは精肉販売の店舗をまず見てみることに。
20161224_140111


豚肉が「国産牛価格」(和牛ではない)で売られていて、
はじめはビックラこいたが…( ; ゜Д゜)

しゃぶしゃぶやウインナーの試食を食って、
その味に相応しい値段であることに納得した。

20161224_140029

ここの豚肉は、
脂身がとにかく臭みがなく、
凄くジューシーで甘いのが特徴だ。


で、ウインナーは試食で食ってしまったので、
ソーセージのスライスを購入してみた。

20161224_141535


やはり脂身が美味い(^q^)
味はしつこくは無いが、濃厚だ。
ワインのアンティパストの1品に加えたいね(´∇`)
画像の様に、メンチカツも一緒に買った。








次に野菜の農産物直売所。
20161224_142252


ここの野菜は、一部リーズナブルなものがあり、
手羽先紅葉サマは、里芋をかなり安く買っていた。


子供向けのアスレチックもあり、
余裕で三時間は滞在出来る施設だ。

20161224_145919


強いていえば、
もう少し遊具や、
有料アトラクションが充実していれば、
もっと良いのだが、あえて手は染めないのかな??


で、後少し何か食える場所が無いか見てみたら、
やはり屋外にもフードコートがあった\(^^)/

20161224_145223

それなりに腹が膨れていたのだが、

あまり行く機会の無い場所なんで、
無理してでも食っておくか!!…って事で、
豚まんを注文!!
(衝動にかられ、フランクタイプのウインナー??まで買ってしまった…)

20170224_141000



20170224_141401



「ミンチ魔神」は
久々の挽き肉ネタに喜んでいる様だ。

彼(彼女??)の評価は

「豚まんは、肉がギッシリと詰まっており、
肉の味が濃厚(^^)
タマネギなどが、肉の味を邪魔していないわ
かといって、豚臭さとは無縁ね(⌒‐⌒)
軽井沢の某肉問屋で仕入れている
"リンゴで飼育した信州豚”のメンチカツに似たタイプに思えるの
後、味を吸い込ませる為と、少々アッサリさせる為か、豆腐も少しだけいれてあるのかな??(間違っていたらゴメンナサイ)」


…との感想を述べておった。


20170224_141042


この後、俺の食欲は止まる事を知らず…
もう1品、何か食えるモノがないか物色してしまった。

ここから先は、また次回(^^)


…………………………………………………………………………

今回の記事は、年末に行った時の事を書いたが、
先日も寄ってきてしまったので、一部書き加えた。

ちなみに今日は、スマホの調子が良いので、
一気に記事を10程、書き貯めをしてしまった。。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

さてさて、
銚子といえば、関東No.1の水揚げを誇る港である。

ちなみに船橋市の小学校は、
この銚子港にある魚市場と
醤油工場の見学が、
社会科見学と称した遠足で
ワンセットになっている、定番コースなのだ。


な訳で、約30ウン年振りに、
銚子のウオッセ21に行ってみる事にした。


20141209_141919



20141209_142014



ポートタワーの下には、
新鮮な海産物が売っている場所もあるが、
千葉県価格だね…

2階はレストランになっている。

海鮮丼と、マグロ丼を注文したら、
時間限定のイワシフライがついてきた。

20141209_143957


いゃあ~マジで具沢山( ; ゜Д゜)
鮮度は間違いないね…

二人で3500円位だったかな…
海鮮丼は、流石としか言い様がない。、。
具が豪華だし(^^)
ウチらにしては、珍しく奮発した品であった。

20141209_142753


下の鮮魚売場なら、もう少し安く食えそうだったが、
平日は早い時間に閉店するので、
選択の余地は無かった。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

市川動物園には、
行列どころか、群集が出来る程の
名物グルメがある

f4f4aa82-1



!!(゜ロ゜ノ)ノ……??
コレ、一見何だか判らないべ??(^^)





20170212_134406




それも当然、
お客さんは人に非ず
実は彼らなのだ。。。

20170212_134316



誰も人とは言ってないよ

彼のエサの長細いヤツは、何と虫だった(^^)
ウネウネ動いておった( ̄□||||!!
ミーアキャット、案外エグいもの喰うんだな。。。


後は、こちらの方々

20170212_134011

TVで見られる、
お馴染みのバキバキメリメリなリアクション
コツメカワウソはレッサーと並び、
この動物園の「飯のタネ」でもある。

20170212_134004


お馬さんも
20170212_142637

ガメラまで。。。
20170212_143103

春も近いからか、皆様食欲旺盛ざます(^^)
みんな、生きるのに飯食らうのさ。

梅林には、花がボチボチと…

20170212_135019




春はすぐそこだ!!


俺はあと何回、春を迎えられるのかな…
50を控え、最近良く考える今日この頃である。。。



そうそう、
この動物園、日曜なら午後1時迄に入ったほうがよい。

動物のグルメタイムには、
様々な仕掛けがあって面白い。

大した動物が居ない分、色々工夫している様だ。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

俺がチョッち気になっていた、
霞ヶ浦温泉祭りをメインに、茨城を巡ってみた。


でも温泉祭りの前に
折角茨城に行くのだから、
何かしら他のイベントも見てみたい。


で、ここでも先日掲載した
真壁の雛祭りも行程に組み入れてみた。

(今回は日記みたくなっちまうが、ご勘弁を…)


軽く飯食って自宅を出たのは午前9時過ぎ
11時半前には桜川市真壁に到着


真壁庁舎近くの無料駐車場に車を止め、歩いて10分
雛祭り会場入り
(他の駐車場は300円~500円かかるが、ここは会場迄少し遠いから無料なのだ!!)

20170219_123507



この祭り、相変わらず混んでおるなぁ…( ̄▽ ̄;)


雛人形は100年前のモノはザラにあり、
そのスケールには圧倒させられる。

20170219_124935



306ac427-s


20170219_125910


真壁は石の町でもあり、石製の雛人形もあった。

20170219_122649



古民家や蔵の街に雛人形、
古き良き時代の日本を感じられる、
まさに圧巻のイベントだ。


このイベントの楽しみは、やっぱ食べ歩きだね(^^)
昨年は「雛祭りコロッケ」と、
手打ちイベントの茨城名物「けんちんそば」だったが

http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/14022491.html

今回は屋台にて、
真壁名物の「すいとん」をいただくとしよう。。。

20170219_121422



どこの店でも、大体300円~500円で食える(^^)
真壁のすいとんは、団子が割とデカいのかな?
具はけんちん汁と似ており、
ニンジンと大根がメイン

茨城にしては薄味。素朴な味がまた良い。

すいとんは、
結構あちらこちらの店で置いているので
食いそびれる事はまず無いのでご安心を。。。





こんな古き良き風情のある場所で、
甘味が味わえれば言うこと無い…
って事で、何か良さげな場所が無いか探していたら

20170219_123843


旧郵便局の近くに
和菓子を売っている古民家があった。

雛人形と古民家と日本茶を肴に
草団子などを味わいながら、マッタリ出来る。
(土日は客が多いので立ち食いになるが…)

20170219_124359


20170219_124216



さてさて、
真壁には一時間半近く滞在!!

後ろ髪引かれる想いだったが、
真壁から車で50分の場所にある、
土浦市ラクスマリーナに移動し、
「霞ヶ浦温泉祭り」を見学する。

20170219_154142


ここは霞ヶ浦温泉郷の8つの温泉の他、
県内外を問わず、様々な源泉が展示されていた。

ペットボトルから紙コップに少量の源泉を注ぎ、
肌さわりや匂い等を感じられるという
新しい試みのイベントだった。

0007654-1-1


世の中の大多数の一般的な温泉ファン向けには、
専門的でなかなか難しいイベントだったのかもしれない。。。

ただ、初回の今回に関しては
来年以降に向けての試験的な意味合いが強い部分があったので、
そこらへんは今回のデータを基にして、
来年、再来年と、
より充実したイベントになるだろう。


とにかく今回は、
ややマニアックで専門的なイベントながらも、
画期的な試みであった事は確かだし、
意義のある内容だった事は確かだ。

やり方によっては、各温泉地の注目を浴びる位、
爆発力を秘めたイベントになる可能性があると思う。


個人的に感じたのは、
まず既婚未婚老若問わず、
女性を振り向かせるイベントである事が大切かな…
後は子供が飽きない仕掛けも(^^)


協賛した温泉施設への想いをはせ、
「そのうちあの温泉に行ってみよう」
と、思って貰える事が大事だからね。。。


調子こいて散々偉そうな事を書いてシマッタ
温泉の話しするときりが無いので、
これくらいにしとこうか(^。^;)


そうそう…
ここでは、ネット上で知り合った
温泉仲間と遭遇…(^^)


以前から、とある爺サマに引き合わせたく、
この祭りにお誘いしていたのだが、
丁度牛久近辺に良さげな温泉があるので、
その偵察(??)を兼ね、
わざわざ埼玉から来て戴けたのだ(^^)


この日無料解放されたラクスマリーナの足湯に浸かりながら、しばし温泉談義してマッタリ過ごす。



ウチらはこの後、
土浦のまちかど蔵にて開催されている
土浦の雛祭りに行ってみたが、
残念ながらタイムリミットを超えており、
見学は断念。。。
一部のみは時間を過ぎても見学出来た。

20170219_161055



元フランス料理店で勤めていたシェフが居る惣菜店で
今夜自宅での酒肴の他、
税抜き約300円のサンドイッチを2種1つずつ購入し、
土浦市民プールと霞浦の湯近くにある
風車のイルミネを見学しに向かう
この日(2月19日)が最終日だった。


20170219_165908

寒空の下、
温かいコーヒーと、
サーモンとクリームチーズの入ったサンドイッチを食べながら、暫くぽーっとイルミネを眺めた…

(この惣菜店は土浦では隠れた名店なので、そのうち記事にしよう)

20170219_180220



e1de0a97-s


やっぱ、ここのイルミネはやはりキレイだわ…(^^)


という訳で、全てコミコミで、総額税込み3240円の
茨城日帰り旅でございました(^^)

イルミネはもう終了しているものの、
水戸や筑波山では、梅祭りの開催が始まるので、
雛祭りと梅祭りをセットで行かれると良いでしょう。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ