関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2016年10月

大子といえば、あちらこちらに看板を見掛ける
大子おやき学校

一体なんぞや??と、気にはなっていた。

ただ、俺の中でのおやきは、
あくまで長野県、そして群馬県の一部の中でしか、
食ってはいけないモノなんだ!!…などと勝手に決めつけており、
茨城でも食えるのは知ってはいたものの、
なかなか食う気にはなれなかった。


今回、アド街で取り上げられ
やっと行く機会を得た。

20160913_123321


森林のいで湯に向かう道を曲がらず、
更にに5km進むと看板があるので、そこを右折
わりかし分かりやすいかな??


ここは廃校になった小学校を
改造してあるみたいだ。
TVで見る木造校舎のまま(^^)
旧校名の書かれた門の跡かなぁ…
↓↓
20160913_123239


中に入ると、
店の人が販売コーナーにすぐスタンバイ(@_@)
早速おやきを買わなきゃいけない雰囲気(^^;

20160913_123513

平日は食堂が非営業の為、閑散としていた。
ここで一服タイムだね
校舎の中で、ユックリおやきとお茶を堪能した。

20160913_123746


リンゴと野沢菜のおやき、各@140円也
20160913_124151


皮が厚い感じ。かなりモッチリしていた。
特に地元の林檎使用のおやきは、
風味も強く絶品だ!!

ただ、「芋どころ」である茨城ならではの、
サツマイモのおやきを食うべきだったかな…(^^;


B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

アド街を追っかける旅、
今回から数回は奥久慈のB級グルメを追いかけてみましょう。


大子には過去何回か行った事があるのだが、
今年9月のアド街の中で、まだ行った事が無い場所も
沢山あった

その中で気になっていた場所を幾つか巡ってみた。


今回は、月待の滝

ここは、メジャーになった袋田の滝に比べて
規模も遥かに小さいのだが、
あちらが異常にデカいだけ。。
何せ、日本三大銘滝に選ばれている位だから

普通であれば、この月待の滝だって
十分に観光名所になりえる
素晴らしい場所である。

袋田の滝がスケールの大きさで勝負するなら、
こちらは滝をすぐ近くで感じられる迫力で勝負。


さてさて
場所は、大子町でも北の方

線路を渡ってすぐの場所に、無料駐車場があり
その一角にある入口から入る
20160913_120719


途中、山道みたいな場所を歩く事4分

20160913_120619


やっと到着

20160913_112601


…って、なんか変だが…

ここはお蕎麦やさんの敷地内である。
一応、お蕎麦やさんを利用しなくとも、
滝を見学出来る様になってはいるが、
上・下の写真の様に
お蕎麦屋の敷地内を横断せねばならぬ

20160913_120338


この日は、これを見込んで
朝から何も食べておらず、
時間も11時を回っていたので、
折角なんで自慢の蕎麦を戴く事に


20160913_113022


店の中からも滝が観れる。
滝を見ながら蕎麦食う機会なんて滅多無いからねぇ…


20160913_113745


盛りそば@850円はチョイと高く量も少な目だが、
細めの麺が蕎麦の味を引き出す。

手羽先紅葉サマは温かい、きのこそば@900円
こちらは太い麺を使用。
ゆで加減も丁度良く、
温かい蕎麦にしては、かなり蕎麦の味が強い。

共に汁はカツオが強く、甘さがやや控えめな感じだ。


これから奥久慈の味を求めて食い倒れる予定だから、
少な目で丁度良い(^^)


食後は、滝を見学

20160913_120112


高さは10m弱、幅は15m位あるので、
写真よりはかなり迫力があるだろう。

この滝のまわりはカエデだらけ。
紅葉の時期になると、紅葉だらけになり、
さぞや綺麗だろう。


この滝の特徴は、滝を、裏から見られるところ

20160913_115442


水飛沫が凄いが、びしょ濡れになる程では無い。
夏には良いだろう。

とにかく、袋田の滝に負けない位の
厳粛さが感じられる。
空気が張り詰めた様な清涼な感じは、こちらが上。
間違い無く、パワースポットだろう。


個人的評価

蕎麦は、麺の太さやダシによって好みが別れるが、
ここの蕎麦はまず失敗しない様に感じる。
普通に誰にでも勧められる。
ただ、相場より100円~150円高めなので、
滝の入場料込みと思えば、十分納得出来る。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

大阪杯がG1格上げした。

存在的には、強いて例えれば
日本版「イスパーン賞」
みたいなモノになるのかな??

今迄それなりにレベルが高いレースが多かったから、
昇格は分かる様な気がするが…


だが、
天皇賞(春)や宝塚記念との兼ね合いが気になる。
この2つのレースの空洞化がますます進まないかが心配だね…(・・;)


俺的には
大阪杯か宝塚記念のどちらかを
色んなタイプの馬を出せる様、
外回りコース1800mのレースに
再編すればいいんじゃないか…

などと勝手な妄想をしてみたりする…( ̄▽ ̄;)


普段なかなか手を合わせない、
中距離に対応出来るステイヤーと、
そこそこの距離をこなせるマイラーの対決を観てみたいのは、何も俺だけじゃないだろう。
(突発的に毎日王冠が盛り上る事があるのはコレが要因。このレースは昔からメンバーによって観客数が左右されやすい)


俺個人的には、
今の日本競馬で一番観たいレースは
阪神外回り2400mの、重馬場のG1…

今の日本じゃコレを勝つ馬が
最強馬の様な気がするんだが…
作ってくれないかしら( ´∀`)



更に欲いえば、

阪神競馬場に京都外回りコース以上の高低差のある3~4コーナーのアップダウンを造り、

中山以上のキツい直線登り坂と急カーブを造り、

芝丈を出来うる限界まで長くした馬場に改修し、

さらには晴天の日にも必ず水をブン撒いて
重馬場で施行する「阪神のジャパンカップ」を見てみたい。

当然、こんなコースでは、
器用さ・パワー・スピード・スタミナ・気性・体型
これが全て揃っていないと勝てないだろう。


これを勝てない日本馬は海外遠征なんて夢のまた夢だし、下手なリスクを負わなくていいだろうし…


何よりも、アウェー感タップリの
海外っぽいレースを国内で生で観れるのは、
ファンとしては魅力あるんじゃないかな??


まぁ、こんな事あり得ない事だし、
誰の得にもならんし、どうしょうもない俺の妄想なんだけどね



ここ数年は、
よくジャパンC廃止だとか、菊花賞の距離短縮or古馬開放とか、春天の距離短縮だとかいう意見を目にする。

どうであれJRAのG1に対して
「抜本的な見直しを必要とする時期に来ている」
と思っているファンが多いって事だけは、
確かだと思えてならない。

事実、秋の美味しいところは全部香港に持っていかれ、
スプリンターズSやマイルCSは香港への「国内予選化」
ジャパンCはただの内輪だけの戦いの場へと化した。



何もしらない俺が言うのもなんたが、
これは妄想でなくアイデアが(^^)


ここは発想を変え、まず手始めに
朝日杯を2歳馬世界王者決定戦に育てられないものか…??


賞金を大幅に吊り上げるにしても2歳戦なら安いし、
時期的には少しだけ前倒しすれば可能だろう。



外国では2歳戦は翌年には繋がらないケースや、
2歳専用馬みたいな馬も多いと聞く。

これらの馬の「現役最後に稼ぐ場所」として機能すれば
海外からは魅力的に見え、参戦もありえるだろう。


香港国際デーで唯一行われていないのは2歳戦だし、
日本も丁度2歳戦に力を入れているところだ。

全てがいいタイミングにも思える。


しかもスピードに特化した日本の馬場は、
スピードがモノをいう2歳戦にこそ
相応しいモノだろう。




まぁ、競馬に対する話はこれ位にして( ̄▽ ̄;)
食い物について少しだけ…

1月開催以外は、中山と阪神はほぼ同時開催。

中山で馬が走っているのを観ながら
同時に阪神のレースも買える。
やっぱり競馬は生が一番(^^)

って訳で、
中山競馬場には、幾つかオススメの店がある。


1つは正面スタンドの地下にある
下辰そば。

天ざるが美味い。
蕎麦自体は駅蕎麦みたくプヨプヨだが、
茹で蕎麦にしては味がある。

天ぷらもデカいし、
つゆは甘めで鰹ダシが利いている、懐かしい味。
何より、天ざるにしては安い(^^)


2つ目は、フードコートにあるラーメン屋。
翠松楼とかいう店だったかな??


41844844-1


流行りのタイプのラーメンではないが、
ストレートの細麺を使った、いかにも「支那そば」って感じの醤油ラーメンである。
ワンタンも絶妙に美味で、中華街っぽいチャーシューが魅力の1品だ\(^^)/

さて、
ここからはアド街で取り上げていたモノを中心に、
補足しながら取り上げていきます。

今迄は序章。ここからが本編となりますが、

今日の掲載内容は、
今回の旅では行っていない場所…
つまり、以前行った場所を
織り混ぜての掲載となりますのでご了承を。



奥久慈って、
茨城県民の中じゃメジャーな観光地なのだが…


他県民にとっちゃ


「なに??そこ、どこよ??」


って感じなんだよなぁ~(-_-;)

でも、9月頭にアド街ック天国で、
ここ奥久慈が取り上げられていたから、
少しは魅力が伝わったのではないかな

しかも、H29年には朝ドラで、茨城北部が舞台となるらしく、注目を浴びるんじゃないかと(^^)


奥久慈の観光といえば、
真っ先に思いつくのが、
この袋田の滝だぁ~

ちなみに画像は借り物だ( ̄▽ ̄;)
3-1259846104_4


華厳の滝みたいに急な角度では無いのだが

幅もあるし
何よりも近くから観れるから
スケールのデカさを充分に感じられるのだよ。



入場料は300円
スケールA級
お値段B級

お勧めだぜぃ(^^)


20160903_214945


20160903_214948


アド街の画像を基にチョイと解説。

確かに袋田の滝は
四度の滝と言われ、
四季毎にすがたを変えてはいるが、
最近は画像下の冬の滝の凍結は、
温暖化の為に滅多に観られない。

観られたのなら、非常にラッキー\(^-^)/
道路の凍結には十分注意!!
真冬はスタッドレスタイヤ必須や…

尚、観光協会や町のHPでは、
滝の凍結情報を提供している。


俺的にゃ、秋が一番好きだね。
とにかく紅葉がキレイ
リンゴ農家も多いので、セットでどうぞ(^^)


入場料300円さえケチりたい方は、
春の画像の角度からなら、
沢を渡る手前の方の料金所ゲート手前から滝が見れる。

横から観ることにになるので、
滝の全景は観られないが、
迫力と紅葉は十分に感じられる。


袋田の滝は、
無料町営駐車場から
滝の真ん前迄15分位歩くのが難点だが、

滝のすぐ近くの店で買い物したり
メシ食ったり日帰り入浴したならば、
滝に近い民営駐車場はタダになるよ\(^^)/
停めるだけなら500円が相場。



この滝の近くの店でも軍鶏とか鮎とか、
コンニャクや湯葉
そして常陸秋蕎麦など
沢山の奥久慈名物が食えるのだが、
そこはお土産屋だけに「神奈川千葉価格」


恥ずかしながら、
俺的にゃ
B級グルメの価格じゃないと
チョイと厳しい(/-\*)


そんなやっぱ俺の味方といえばココだ!!


道の駅大子


20160913_140012


http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page000026.html

奥久慈らしいメニューが、幾つかある。

20160913_132916



軍鶏カレーと軍鶏天蕎麦がオススメ

b5ceccae-s-1



一見普通の鶏にも思えるが、
そこは軍鶏…
普通のブロイラーに比べると、
かなり味は濃厚ですな(^^)

天ぷらは胸肉なので、さほど濃い味では無いが、
でも普通の鶏肉とは明らかに味の濃さが違う。
尚、夏場は冷やしになったみたいだ。

カレーは鶏皮&モモ肉が多いのかな??
深い味わいだ。凄くダシが出ている。


計2つ喰っても2000円でお釣りがくる。
で、

共に昼の1時には売り切れる可能性があるので、
早めに行かねばならぬ。
なんせ、カレーは限定20食だからね( ̄▽ ̄;)~

鮎の塩焼も、1本400・500円の2種が売っている。



で、この道の駅では、
奥久慈名物の湯葉や卵、こんにゃくも買える。
常陸秋蕎麦も売っている。


紅葉のシーズンともなれば、
リンゴも試食販売がある。
スーパーより2割位安く買えるね。



気にスポで取り上げられていた、このお地蔵さんは、
この道の駅の駐車場から歩いてすぐの場所にある。

20160913_140428

まさにB級スポットだね~( ̄▽ ̄;)


この道の駅最大の売りは、
茨城で有名な名湯の「大子の湯」に浸かれる事(^^)

20160903_210431


500円だったかな??
詳しくは、上記リンク先のHPを観てくだされ。
多少塩素の匂いがキツいし、やや窮屈だけどね…(^^;
休憩する場所もあるのは助かる。


他に、風呂といゃあ、


多分「思い出浪漫館」を取り上げるのだろうが、
あそこは日帰り入浴も宿泊も、
俺みたいなB級市民にはチョイと手が出せない…


そこで奥久慈の名湯を
リーズナブルに味わえるといえば、ここダ!!

森林のいで湯

http://www.morinoideyu.com/

r6hkRxMAkj-1



ここは平日は700円、土日1000円だが、

どちらも夕方5時以降なら


500円
で入れるのダ!!

やはり多少塩素っぽい感じはするが、
露天風呂も広いし、ユックリ出来るし
居心地は良いね…


もうチョイ、秘境感を感じたいなら、
袋田の滝の手前から日立方面への抜け道を、
5分程行った場所にあるココだ!!

アド街じゃ、やっていなかったが、
湯の質的には、ここはオススメ…

rCmsXESU6D-1



20160913_110029

「月居○泉滝見の湯」

泉質はちょいと違うが、
内風呂は、正直ここが一番質が良い(^^)
(露天は塩素臭いが)

尚、ここは一回入浴の料金と
1日入浴の料金が違うので注意が必要
ちなみに一回入浴なら、450円で済む。

尚、ここは宿も併設している。
奥久慈にしては安い方なので
なかなか予約が取れない様だ。
「平日は三日前位迄なら、なんとかなる…」
みたいな事を、以前に店の方が言っていた様な…


そして、風呂といえば、
俺的には、忘れてはいけない場所がある。

先程の森林のいで湯に行く手前の道沿いにある、
コイツだ(^^)

20160913_122139


チョイと判りにくい画像だが、
手前にあるポールに蛇口がついていて、
そのてっぺんに付いている
ダイヤルをを90度回すと、
宿や日帰り施設でも使用される、
新鮮な源泉が戴けるのダ!


俺の口から、これが何かは
今は具体的に言えないが、
詳しくはココを参考にしてくれ!!


今では「あのブログ」が閉鎖された為に
リンク切れになってしまったが、
以前、勝手にリンク貼られていたHPだ(^^)
今回は、そのお返しって事で…

↓↓茨城の温○蛇口一覧

http://ibadas.jimdo.com/%E3%81%82%E8%A1%8C/%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%90%E3%81%A1-%E6%B8%A9%E6%B3%89%E8%9B%87%E5%8F%A3/

↓↓ここの温○蛇口について

http://ibadas.jimdo.com/%E3%81%82%E8%A1%8C/%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%90%E3%81%A1-%E6%B8%A9%E6%B3%89%E8%9B%87%E5%8F%A3/%E3%81%A0%E3%81%84%E3%81%94%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%90%E3%81%A1-%E5%A4%A7%E5%AD%90%E7%94%BA%E3%81%AE%E6%B8%A9%E6%B3%89%E8%9B%87%E5%8F%A3/?mobile=1
宿は自家源泉を持っている所も多いが、
小さい宿は、大体はこれを引いている。

これを汲んでいけば、自宅で名湯が味わえる。
是非ポリタンクを積んで、土産に持って帰ろう。

ちなみに、浴用水一覧は、その殆んどを
一番古いページに移動した。
古めのデーターだからねぇ…


因みに、
大子から塩原って、
下道で約1時間で行けちゃうんで、
塩原に行くついでに、
ちょっとだけ遠回りして寄るのも面白いですな。。。


軍鶏カレーと軍鶏天蕎麦の個人的評価

鶏2匹イヌ2匹
このあたりではリーズナブルな方だね

滝と風呂と、土産用こんにゃく込みで、
トータルでこの評価に。
まさに、初心者用の奥久慈体験コースって事で…


今回は、過去に何回か行った時の事をまとめた記事。
次回から、今回アド街で見た場所を
後追いして攻略してみましょう。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

大洗といやぁ、俺の中では、
海の幸や大洗アウトレット、
水族館、そして温泉なのだ…


今回は、那珂湊焼きそばを目的に行ったのだが、
大洗に出来た注目の新鋭店
「カキ小屋」を、
知人のアブラ魔神さんから教えてもらったんで、
ついでに寄ってみることにした。

話題に上がっていた、
ちっこいサイズの海鮮丼が安くて美味らしく、
気になってシャア無いからね(^^;



20160912_150837


これがかき小屋。

下にばらちらし丼(中)@580円の画像を貼っておく。
(※H29より中サイズは無くなり、大サイズ880円のみになりました。もしかしたら、平日ならあるのかな??)

オッサンにとっては、
他にいろいろなモノを食べたい時に
このサイズはありがたい。

なんせ、大洗には、
浜焼きとかアンコウの「どぶ汁」とか
食いたいモノがたくさんあるからね。。。

滅多に行けない場所なら、
せめて生・焼き・煮物・揚げ物を
一度に全て堪能したい。。。

ましてや俺より遠方から来る
海無し県の、
北関東・埼玉県民ならば、
尚更その想いは強いだろうと思う(^^)



ここでの写真が少ないので、
後日再訪し、しっかりレポし直しましょう。

20160912_143819



大洗といえば
ここ数年は、ガルパンでの街興しがスゲェらしく

オッサンは、ガルパンが何だかはよう解らないが、
実際どんな街興しだか見てみる事にした。

20160912_152835


駅前から、まぁ~すごい!!(゜ロ゜ノ)ノ


特に駅の観光案内所は、まさにガルパン一色!!
おっさん、入るのが恥ずかしい(*ノ▽ノ)

20160912_153010


ここまで徹底してくれたら、却って気持ちよい!!
ところで主人公って、どれなんだ??


その他にも、街中には…(^^)
20160912_152906

あちらこちらガルパン一色だね。
噂はホントだった。。。


ガルパンばかり追いかけていても、
ただの怪しいオッサンなになってしまうし

手羽先紅葉サマに疑われそうなので、
ここは気分を変えて、
由緒ある大洗磯前神社に行ってみる。


大洗にはここ10年、
何度もお世話になっているので、
御礼を兼ねてお参りしましょう。
20160912_154737


鳥居からの、海の眺めが最高。
初日の出の名所にもなっているらしい。
20160912_154751


本殿も厳粛な感じだ。

20160912_155012


たが、厳粛な筈のその脇にも…(;・∀・)


















20160912_155025





萌へぇぇぇっ(;´д`)


ここまでガルパンかい( ̄▽ ̄;)~



さすがにガルパンおみくじは無いみたいだが、
ガルパンスタンプが置いてあった。

20160912_155110


スタンプのキャラは
ビジュアル的に主人公じゃ無さそう…
きっとこういうとこが人気のポイントなんだろうね…

(メガネ女史は名脇役になれるが主人公にはなれない)



大洗アウトレットにも、ガルパンギャラリーってのが
あるらしい(^^;

20160916_213443


ちなみに、翌日寄った遠く離れた大子町まで
「ガルパン感染」されておった( ̄▽ ̄;)

20160913_140012-1


恐るべし、ガルパン…

ここ四年間でガルパンが
大洗町に与えた経済効果はもの凄いモノだし、
震災後に復興が遅れていたこの街には、
希望の光りになっていた事は確かだろう。

ただ、
いつまでも「寅さんの柴又」状態の様に
安泰であるとは考え辛い。


今年・来年位迄は大丈夫として、
ブームの去るその後が本当の勝負かも…


頑張れ!!大洗町p(^-^)q




私事になるが、
この後水戸に宿を予約しようにも
目当ての場所が埋まっており、、、
日立市内に宿をとる事になった。

かなり腹一杯だったし、
疲れたので、街には出かけず、、、
そこらで買い物をして、
宿て軽く飲んで就寝zzzz



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ