関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

2016年08月

今年も祭りや花火大会に何回か行ってみた。

今年は二年振りに柏祭りに行ったのたが、
その時の像をば
20160731_174026


柏は音楽が盛んな街で
祭りともなると、
あちらこちらでステージが用意されている。
20160731_163606



20160731_154259


柏という街は、
「サムシングなんたら」とか
お部屋探しマスト~って歌っている
「なんたら華子」とかが
ストリートで演奏していた事で有名たが、

それ以前から柏で活動していた俺は、
ある意味嫉妬を覚えますな( ̄▽ ̄;)

20160731_161128



そういえば、ここ数年は
バンドどころか楽器演奏自体が衰退しているのは
誰が観ても明らか。
ダンスと歌の融合なる世界に、
世の中は確実に推移している。
柏でもその現象が多々見られたのは、淋しい限りだ。


20160731_165244-1



30年近く前、
柏駅東口のデッキで路上でギター弾いていた頃は
ただただ奇妙な目でしか観られなかった…
廻りの白い目に屈し、3回程でギブアップしたわ(T_T)

しまいにゃ、怪しい宗教に勧誘されそうにもなった…


…んな事思い出しながら、
祭りでは昼間からビール飲んでヘベレケに(^^)

黒ラベルの生とヤキトリ、実に美味すぎる(^q^)

20160731_153636



そうそう、
泥臭いイメージの船橋や松戸駅前とは違い、
柏駅近辺は女子短大や専門学校、女子高が幾つかあり、昔から「女の娘の街」だったからか、
昔からの洒落た老舗喫茶店が幾つかある。
その幾つかが今も現存しているのだ。
(津田沼や市川も垢抜けている街だが、駅前は柏の方が賑わっている。)


そのうちの1ヶ所「うらら」には、
「ウララライス」なる看板メニューがある。


今の女子学生の母親達がまだ女子学生の頃から、
長年に渡り彼女らの、
いや、母娘2世代の胃袋を支えてきた、
いわば女子専用B級グルメだ!!


中には…母親からメシ奢ると呼び出され
コレ食いながら
母親の巧妙な話術の罠にハマり
今付き合っているオトコが居ると
白状した娘もきっと居る事だろう…( ̄▽ ̄;)

そして20年の月日は流れ、その娘が母になり
また同じ事が繰り返えされる…

…なんて事想像する俺は、やっぱ変態か(^^;


20160731_152912


お隣のチキンドリアの札が写ってはいるが…


ベシャメルを薄い味のピラフ??上にかけて
さらにピザソースとチーズをかけて
具を少し乗っけて焼き上げた物である。


ぶっちゃけ、「ベシャメル付きピザ味のご飯」
なのだが、意外にバランスが良く、美味い逸品だ。


ここ数年ご無沙汰だが…
今回も腹イッパイなのでパス(^^;
画像は店頭の食品サンプルのみ






B級グルメランキングへ



ご当地グルメランキングへ
↑↑
1日100人集客のある「標準的な中流ブログ」
を真似て、
下流底辺である俺のブログにも、
カッコつけてこんなもんを付けてみた(-_-;)

俺も1度位は
標準的ブロガーになってみたいものだな…(´∇`)

せめて見てくれだけは真似ようか(´∇`)

終了した前ブログを、色んなカテゴリーに移して
そのカテゴリー傾向を探る実験をしていたが、
やはりここB級グルメのカテゴリーは
ランキングや新着からの来訪が
ダントツに多いみたいだね…

それだけ食に熱心な方々が多いのでしょう…

なんせ以前居た温泉カテゴリーは、
店のオフィシャルブログと上位人気のブログ以外は
殆んど「数年間樽熟成」された放置ブログばかりなので、
こことは雲泥の差。。。


が、こちらは新着記事が無い日のアクセスは、
川崎時代のロッテの消化試合の観客数並に
とてもシビアである( ̄□||||!!


一応記事は70程書き貯めしてしているが、
ネタ切れになった時が破滅の時…

そうならない様ネタを仕入れに
日帰りで月2回はどこかに行かねば…( ̄▽ ̄;)
それで記事6つ位は何とか書けるからね…



さて、今回は、5ヶ月振りに埼玉を書こう(^^)
9月に向けてのネタ温存の為、
ストックしてあったチョイと古いネタになるが、
上尾にある大宮公設市場に寄った時のレポをば…
(また海鮮系かよ??(-_-;)…)



この時は、ここにわざわざ行ったのでは無く、
遠く群馬・長野迄遠征する道中で
「本日開放日」のノボリが立っていたのを見掛け、
気になって寄ってみたというのが
実情なのだ…( ̄▽ ̄;)


4176489b-s

さて、食堂棟は
入口近くの外壁沿いにあるのですが
数にして5店舗位でしょうか…

d1993614-s


表に置いてあるサンプルで
注文するモノを決めます。

97551657-s


水トちゃんをはじめ
有名人のサインもあり
なかなかの有名店みたいです。
水トちゃんのサイン、もろシンプルだった(´∇`)
写真を撮り忘れた(-_-;)…

f006bb34-s


海老フライはてぷてぷマルマル状態(^^)
表カリカリ
中はふわっとプリプリ、ジューシーだった。

カニの味噌汁も強烈な風味と
麹っぽい感じがマッチしておった(^^)
俺的には、野菜突っ込んで鍋として食いたい(^q^)

手羽先紅葉サマの食っていた中落ち丼も
エビ1本と交換して味見させてもらったが、
こちらもハズレず美味だった\(^_^)/

これで計2000円は、助かるわ~
流石に市場メシ(ノ-o-)ノ┫
ハズレは無い様だ。

月イチで土曜に、一般客に市場を解放しているので、
そのついでだと入りやすいかもね。

買い物するなら、肉屋もオススメだ。
牛肉が、割と安かった(^^)

ここで思うがまま買い物したり食ったりするならば、
とにかく午前中に行くこった!!

昼前は、かなり並ぶ事を覚悟しとくれ…

http://www.omiya1ba.com/1ba/info.html




ご当地グルメランキングへ

↑↑
欲望という悪魔のささやきにより、
標準的ブロガーみたいに、
いっちょまえにこんなものに参加していまいました。

ブログネタ
B級グルメ満載 に参加中!
今回、3つの台風による
ジェットストリームアタックが原因で
常磐線はかなりの被害を被った…

さらには
台風9号を「踏み台」にして、
温帯低気圧が、さらなる追い討ちをかけやがった

今月になり、
この「黒い三連星」達が暴れてくれたおかげで
常磐線は何回止まった事か…


それ以外でも
「線路侵入」「人身事故」「車両故障」「信号故障」
「踏切事故」「車両のやりくりが出来ない」
…等で、とにかく運休の多い常磐線。。。


時には

「電気の無い区間に電車が突っ込み動けなくなった」
「架線にビニールがからまった」
「迷惑な客が非常停止ボタンを連日押しまくった」
「年寄りの運転する車が踏切に無理矢理突っ込んだ」
「赤ベコや馬が線路内を逃走している」

…なんてウソみたいな理由で止まる事もある。。。

天気が悪い時には特に
カメハメハ大王の歌を進んで実践している常磐線…


何があっても定時運行している
「つくばエクスプレス」と比較しても、
これほど管理不足で怠慢で
当てに出来ない鉄道路線は他には無いので、
鉄道で旅行に行かれる方々は、
十分な情報を収集してから出掛けましょう。


正直、茨城へは車で来る事をオススメしたい。
特に勝負のかかっている大事な仕事や
冠婚葬祭など大切な用事の際には、
とにかく常磐線は使わない方が無難。。。



そんな情けない常磐線といえども
いい所もある。

それは面白い駅弁や、
怪しい駅ナカFOODが多いこと。。。

怪しいパチものうどんの検証もしたいのたが、
それはまた次の機会にして。。。

今回は駅弁を取り上げてみよう。




茨城の政都の玄関口である水戸駅には、
名物の駅弁が2つある。



1つは納豆弁当。

この弁当は、
飯の上に納豆が敷き詰められており
蓋を開けたとたん、糸をひいた納豆が
ぷ~んと異臭を発している…


…というモノでは無いのでご安心を


実は凄~く考えられて作られている駅弁なのだ。

ご飯は寿司仕立てになっており、
納豆巻きなど二種類の味が楽しめる。

納豆の天ぷらも入っているが、
これは焦げた様な芳ばしい匂いがして、
臭みも少なく意外に美味い(^^)

しかも600円しないで買えるお手頃駅弁だった…

ただ最近は、HPに出て来ない…( ̄□||||!!
もしかして、無くなったのか??
俺まだ、1回しか喰ってねぇゾ…(T_T)


で、今回はもう1つの名物駅弁、
印籠弁当にスポットを当ててみた。

こちらは販売が継続されている様だ。


http://www.jrmito.com/ekiben/index.html

この弁当は読んで字の如く、そのモノだね…
買った方々は、一度はコレをやりたいだろう…




え~い!!頭が高ぁ~い
(`ロ´;)
ひかえおろぉぉぉ~
(*`Д´)ノ!!!






e550c5c9-s


15年前に食べた時は、
印籠は三段重ねのお重だった。
様々な具が入っており、寿司系やら酒肴系やら
盛り沢山ではあったが、
味はまとまり無く、
酢飯も酢の味がせず、
正直今イチだった


ただ、今回は大幅に内容が変わっていた。
お重は二段になり、
以前より多少種類は減っているが、
むしろ1つ1つのクオリティは上がっている。

33a16672-s-1


飯は風味が豊かになった。
寿司は手鞠からチラシ系となり、具が甘辛く煮詰められているからなのかな??

オカズもがんもどきや、冷しゃぶの梅あえなど
バラエティ豊かで、味のバランスも良い(^^)

また食べたくなる味にパワーアップした印象。




尚、常磐線沿線の駅弁で、俺が一番美味いと思ってた、
日立駅の「ソースカツ弁当」は、
どうやら無くなっちまったみたいだ(T_T)
冷めても美味しく頂けるカツは、
しいて例えれば、
佐野のいもフライの衣の感触に似ていた…

いつか再び食べたかったのに…(T_T)


尚、偕楽園では、イベントとなれば、
俺の通信簿の如く
「可・可・可・可っ可ぁ~!!」
と高笑いする黄門さんが出現する( ̄▽ ̄;)

20140324_123758

両脇に振り袖ギャル…
羨ましいなぁ~(・。・)

コウモンさんだけに
おケツから鼻血を出さないようにね(^^)
うぷぷぷぷ.。o○

今回の旅は、東京湾観音~ばんや~道の駅保田小学校~鴨川~勝浦のコースを辿ってきた訳だが、
他にも色々な美味いモノ、面白いモノがありそうだ…


海鮮丼系で安めのモノは
道の駅オーシャンパーク鴨川にて食える。

下にリンク先を貼っときましょう。

房総地区の海鮮丼系の相場は
イクラやウニ等の「高級素材」を使わない
「地魚」系のモノで大体1200~1500円あたり。。
それが1000円しないで食える、
千葉では有り難い場所だ。
http://kamogawaocean-park.com/


ここに行ったのは4年以上前だが、
HPを見ると、
メニューにはまだ存在するみたいなので、
参考までに画像を載せでみた。


漬けになっているのだが、
しょっぱ過ぎず、甘過ぎず
いい感じで美味かった記憶が…
F1000135



後は、木更津駅東口から歩いて4分位の場所にある、
「ととや77」かな。
写真の真ん中の青い店です。

20160816_121555


ここは美味くて激安。面白いメニューもあり、
地元民に根付いている人気店。

ただ、短い営業時間と(昼は13:30で終了)
4席しか無い座席がネック。
これは本来はテイクアウト専門店だから仕方がない。


ここはそのうち、年内に再訪して記事にしてみます。



以下、「B級グルマー」な方々には
どうでも良い話になるので、
興味ない方々はスルーしてね…



昔のブログからのお客さんならご存じだが、

自宅の入浴用鉱水集めという「変態行為」が
俺のもう1つのライフワークである(-_-;)



鴨川で、ちゃんとゲットしてきました。
場所は書けないが、場所のヒントとして
「アワ・ヒエ」の「アワ」とだけ書いとおく(^^;
20160531_161814

レイコさんをタンクにクミコさんしております(^^;

ちゃんとお賽銭を入れてから戴きましたゾ!!
相場から、最低10Lあたり20円位は入れないとね…
俺は今回、130L近く程ゲットした。

20160531_160944


途中、鴨川の海岸で海を見ながら、
ぽ~っと無心状態…( ̄O ̄)

20160531_162622


このあと勝浦タンタンメンを食って帰路につく。


自宅に着いて、早速風呂タイム(^^)

一挙にタンク3つ分、約70L突っ込み、
50℃のお湯を30L強投入

昨年よりも濃い濃度で
ペタついたヌル湯の硫黄泉を堪能してしまいました。

希釈は仕方ないとして
そこら辺にある日帰り入浴施設に行くよりも
ずっと新鮮で塩素臭さも無い…

きもちよか~( ☆∀☆)



でもね…

今は夏なのよ…


いくらヌルい湯といっても、そこは鉱水

床についてから寝付くまで
猛烈な火照り感と
ペタペタ感に悩まされました( ̄▽ ̄;)


しまった( ̄□||||!!
調子こいて濃くし過ぎた!!
こんなに暑くては眠れん(T_T)
バカやるんじゃなかった!!


冷鉱泉のレイコさんは
冷たくともホットな方でした(^^;


今回の旅はこれでおしまい( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

8月末って、少し涼しくなるものの、
夏バテし易いんだよなぁ…(^^;
こういう時こそ
元気の出る辛いモノがピッタリかと::('ー')::


いつもなら鴨川から亀山を経由して帰るところ
タンタンメンの為だけに
わざわざ足を伸ばして勝浦まで行ってしまった( ̄▽ ̄;)

千葉に行ったら海鮮系ばかり食べていたので
意外にも名物であるタンタンメンは初めてなのダ(^q^)


朝昼兼用で
「ばんや」で海鮮系を食ってから4時間…
ライスが小さかったのが幸いし
腹にスペースが空いてきた\(^^)/

1日2回も外食出来る機会は滅多に無い
このチャンスを逃す訳には行かんι(`ロ´)ノ

たが、いざ勝浦タンタンメンの店を探そうとするも、
こんな時ってなかなか見つからん。

どうにか、旧国道沿いに1ヵ所を発見
勝浦駅から割と近く
市街地の急カーブのそばだから、
分かりやすいかと。

ちなみに、
写真にある、店の看板の「名前」で検索すりゃ、
いくらでも出てくる( ロ_ロ)ゞ
けっこうな名店みたいですね…

20160531_174700


夕方は5時過ぎから開店らしく、

30分程、その辺をブラついた。


勝浦といえば鰹

安いだろうと期待して、
地元のスーパーに寄ってみるも、
100㌘198円と、あり得ない価格…( ̄□||||!!

ホント、鰹って捕れなくなってきているのね…


さてさて、気を取り直し、
6時近くなったので
いよいよ店に入ります。
あたりは大分暗くなってきたぁ~

20160531_181705


勝浦タンタンメンの他に
勝浦豚骨タンタンメンってのが
非常に気になったのだが

ここはオーソドックスに
醤油ベースの普通の勝浦タンタンメン@850円を注文

待つ事7分

20160531_175448



でました。かなり赤くて如何にも…
玉ねぎを炒めたモノと、豚挽肉が入っております。



早速食ってみたけど



辛い


辛すぎる…


と思ったけど、不思議とすぐ慣れてしまうもんだなぁ~

毛穴が開きまくりになる事は確かなのだが、
時間と共にマイルドになる感じだ。。。

兎に角、よく混ぜる事が大事

20160531_175506


麺はやや太めで、ちぢれは少し。
炒めた玉ねぎの甘さと、よく合う。
考えて作られているなぁ~

スープは醤油ラーメンがベースで、
これが勝浦タンタンメンのオーソドックスな形態らしい


この店は
駐車場に入れる時、出る時にチョッち難があるかな。
カーブの中間にあり見辛いから…

後は、3時から夕方5時までは昼休みに入るから、
そこは要注意。。。


参考のページ、貼っときます。
LTEだと、余計な広告のせいで30MB飛んでいくので、
Wi-Fiで見てね(--;)
↓↓
http://www.localplace.jp/sp/t100053567/

勝浦タンタン麺って、まだまだ沢山店があるのね…
↓↓
http://katsutan-sendan.com/shop/

帰りは大多喜~鶴舞経由で帰宅。
予算大幅overの為、高速代浮かすべく
京葉道路は貝塚から花輪までの利用…

さあ、帰ったら早速「贅沢な風呂」に入ろう(^^)


個人的評価

トリ2つイヌ2つ

念願の勝浦タンタンメンを食べられたので高得点に。
価格は観光地なので仕方ないところ。
この勝浦タンタンメンをこのブログに載せた事により、
アクセスがUPしたので、その感謝の意を込めて
トリを1つ追加!!





人気ブログランキングへ





ご当地グルメランキングへ

↑このページのトップヘ