関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。
1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!!
たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。
予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000~23000円を目安にしています。
記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

この記事は、丁度1年近く前に書いたモノだが、
何故か今まで公開する機会を逸していた。

これからの世の中、いつ何が起こるか分からない。

ネタも切れてきた事だし、
ここらで公開しときましょ、、、


----------------------

埼玉のとある殿方は船橋マニア、
俺は船橋在住のサイタマニア、、、😅


全く逆の行動が面白く、彼のブログにコメントをさせて戴いて以降、
弊ブログに興味を持っていただけ、贔屓にしていただいている。

最近はコロナのせいで船橋から足が遠ざかってしまった様だが、
彼の船橋の知識は物凄く、色んな店をご存知だ。


その中で凄く気になる店があったので、
パクりで恐縮ながら、行ってみることにした。。。

20190727_145453


昼間から飲む俺は、一体何なんだか、、、😓


お通しは1人250円+税、、、
まぁ、他のものが安いので、十分ペイ出来るでしょ


まず気になったモノといえば、

コダマサワー、、、各@290+税

20190727_150451


ボトルにしたらかなり割安になるようだし、
そのネーミングが俺とマッチして惹かれた野田が、
この日は二人とも沢山飲めるコンディションでは無かった為、チョッち遠慮しといた。

コダマサワーは普通の炭酸しか飲んだ事が無く、
色々な味があるのはナルナルさんのブログで知ってはいたが、なかなか飲む機会が無かった野田( ω-、)


で、やっと御対麺である、、、

20190727_145856


手羽先紅葉サマは青リンゴ🍏
俺はバイスである。

バイスとは梅酢、、、
これがスッキリとして、また良い、、、
酸味、以外にきつく無いんだな。。。


で、つまみは、あまり空腹でもなかったので、
少さまずは板わさ@199円
隣は、お通しのキャベツだ。

20190727_150728


そして、ピリ辛煮込み、、、
20190727_151226


夏なのでこの手のものは普段はあまり食べないが、
串焼きがある店の煮込みは美味いからね😋

ただ単なる唐辛子の辛さじゃなくて、
何となく中華っぽい辛さだ。


さて、ここに来たのは、
串焼きが食いたかったから。。。
ま、1本100円は俺の中では基本かな、、、

20190728_232053


特に、運が良ければ味わえるという
鶏の白レバーが目当てだった。

フォアグラみたいなモノをこの値段で食えるチャンスはなかなか無いからね、、、

ちなみに豚の白レバーもあったが、これはまたそのうちだな、、、

他には、鶏モモに豚カシラ、豚ハラミをオーダー


さて、鶏白レバーと御対麺

20190727_152212


早速、一口かじってみよう。
20190727_152332


普通の鶏レバーに比べてクセは無く、味はやや淡白。
でも脂が乗っている印象だ。

20190727_152426

鶏ももと豚ハラミ。
鶏ももはフックラでジューシーだ。


さて、夕方5時になると、サービスタイム終了で注文できなくなるので、今のうち追加ドリンクをば

20190727_150411


レモンサワー

20190727_152538

結構甘口だった。


さて、これでもう充分。。。
二人で酒4杯注文し、これだけ食って3000円以内で済むんだから、ありがたやありがたや、、、

20190727_151103


店を出る時はまだ表は、夏の日差しがギラギラ✨

ダメだろ、、、こんな時間から飲んでは😅



ここは船橋ならではのメニューは無いが
串焼きたべながら純粋に安く飲みたいなら、非常にオススメ出来る店だ。。。




また行ける日を楽しみにしております。。。



B級グルメランキングへ


国内旅行ランキングへ


ご当地グルメランキングへ








---------------------

さてさて、ひとつ疑問が。。。


まさかこれで苦情が来るとは、、、😓
↓↓
https://ima.goo.ne.jp/word/177718/北海道をバカにしてんのか!『ヒルナンデス!』イジリが不快「度が過ぎる」めちゃくちゃバカにしてる、怒りの声


あちらの方々は、
ブランド研究所の魅力度ランキングで常に上位。


ここ何年も、
まわりから敬意や憧れしか抱かれてこなかったし、
近年は某ブランド研究所のデータを基に、マスゴミに散々持ち上げられていたからか、
北海道の方々はディスられる事に対して一切『免疫』が無い『誇り高きケンミン』なんだよなぁ~


現に、かつて少しいじっただけで、
『貴様のブログなんて価値は無い‼広告の裏にでも書いておけ』とって、北海道の某女史から苦情が来た事があったしなぁ、、、

あちらの方々冗談は通用しないようで、、、😅
(中には通じる方は当然いらっしゃいますが…)


東京トミンや神奈川ケンミン以外、
具体的にはウチら『グンタマチバラギ』の様に、
世の中から常に下に見られ、、、


それを真に受けた『縁もゆかりもない他ケンミン』からも、
『サイタマラリア』『グンマー王国』『だっぺ』『かっぺ』『東京に媚びている島国』『海が無い山が無い何も無い』『醤油臭い納豆臭い』等、
何も知らない他地方民からも虐げられ嘲笑されで悔しい思いをしているが、、、😭
反面ネタにされる事には『それなり』に慣れている訳でして(…何弁解してもダメ❌だと半分諦め、『無の境地』に至っているとも言えるな…😅)



色々な事に敏感になっているこのご時世、
下手に北海道民をいじらず刺激せず、

いつものように無難にウチらグンタマチバラギをネタにして見下していれば『また何かやってるよ~』程度で無難に済んだのになぁ~😓



他県への憎悪感情による地域分断は、
コロナで表面化しただけ。

以前から、秘密のケ○ミ○sh○wをはじめ、
こうした火種はあったのだよ、、、


それに都民をここぞとばかりバイ菌扱いして叩く風潮のは、コロナだけのせいじゃない。
今まで東京都民に馬鹿にされていた『反動』もあるんじゃないかな。。。


マスゴミよ、
今は一致団結して乗り越えなきゃいけない時に、
火に油注いでどうすんだよ💦

しっかりしとくれ(*`Д´)ノ!!!

このご時世なのに、少々呑気な事を書いてしまうけどチョイと勘弁(-_-;)

(俺にとって温泉に行けない事は、
エ○チな動画が100本消去されてしまう事の3倍辛いことな野田よ、、、😅)



さて、数回前の記事について、知人と久々に温泉談義をしたんだけど、
身内だけのやりとりに留めておくには勿体無い…

けど、知人の書き込みをそのままコピーして記事にする訳にもいかず、、、
そこで双方の見解を中心にやりとりをまとめる形で、
1本記事にする事にしました。

(その過去記事へのアクセスは、今現在ほぼゼロ。
もう誰にも見られていない過去記事と化しているので、知人にとっても新たに記事を立てた方が良いかと)

都内からの往来による地方感染者の増加により、再度都民がジモから叩かれ出す動きが起きるだろう。
その次は千葉埼玉が叩かれだすから、そうなる前に書いておきたいからね😓

----------------------


さて『自宅温泉マニア』の方々のTwitterやHPなどを見ていたら、
カインズホーム飯能店の温泉水販売が終了になってしまったとの情報が目立った、、、😢

そしてときがわ町温泉スタンドも、源泉量の確保の為か、営業時間を大幅に短縮とのこと、、、

20191205_171502


20191206_132707

栃木でも、いきいきロマンの湯温泉スタンドと高根沢温泉スタンドは再開する事無く廃止に、、、

ここ5年程、比較的安定していた関東の温泉スタンドや温泉販売界に再び閉鎖の嵐が吹き荒れ、
いよいよヤバい事になってきた様だな、、、


しかもこれらの場所は、
最近『自宅温泉』に興味を持ち始めた何人かの方々が思いっきりディープにハマっていたようだ。

その中には、Wordpressを用いた専門的なブログを運営されている『セミプロブロガー』な方もいらっしゃった様で…


今回の閉鎖にて、
彼らは早速、『厳しい温泉スタンド界の現状』という洗礼を浴びてしまう形になってしまった。。。(--;)


期待する分裏切られる事も多い世界なんだよなぁ…
温泉販売の世界は、、、

俺も何回こういう想いを重ね、
その都度絶望してきたことか、、😢、


この件で、もし彼らがガッカリして興味を失ってしまったのならば残念だが、
この業界は元からこういう世界だ。
早々に無かった事として諦める事を薦めたい。

悪い事は言わない。。。
後戻りするなら今のウチだよ。。。↩️




だが、、

もう既にこの世界の魔力に既にハマりすぎ、、、
既に引き返せない状態になったのなら、、、


俺同様に自分が納得するまで、
とことん道を極めて『飽きるまでやり尽くして』欲しいのが正直な気持ちである!!(`Д´)ノ!!!




ちなみに、飯能やときがわ以外の場所といえば、


同じときがわ町内にある玉川温泉スタンドや、
東京都の武蔵村山かたくりの湯、

そして小鹿野の山奥・大竜寺温泉や皆野の万願の湯に行くしか無い。(※かたくりの湯は現在温泉スタンドでは無く係員に申し出る方式になっている)

20200623_195429


さいたま市内及びその近辺の方々なら、
栃木の佐野や足利でも良い。

いずれも片道約2時間程度のドライブがてら出掛けられる場所ばかりだからね…

途中、道の駅や農産物直売所に寄ったり、
ご当地グルメを食べるのも楽しい。

建前として、
『家族サービスのついでに温泉収集をする』
という事にすれば、
趣味としてはイケるんじゃないかな??
(俺にとっては、今回無くなった飯能や、かつてサイボクハムの敷地内に存在した温泉スタンドは、まさにそんな場所だったが…)



知人の方曰く、
温泉テイクアウトは、本来は身近な場所にあってこそナンボのモノであると、、、

これは俺も同じ認識。

それ以上のモノを追い求めようとする事は、マニアの趣味としては良いが、普通のライトユーザーにとっては非現実的な世界である。





が、今回のコロナ騒動が、
そんな状況に一石を投じた。

昨今のコロナの影響により、温泉施設は軒並み休業する羽目になり、

その損失を補填する為、
あるいは今後の広告の為、
あるいは純粋な地域還元のサービスとして、
温泉のテイクアウトの試みが各地で少しずつ行われて始めているようで、、、

そして、少しずつであるが持ち帰り温泉に興味を持ち理解を示される方々が僅かながら出現しつつあるらしい。


知人をはじめ数人の方々は、
これがブームに育つと予想しているし、
今こそ持ち帰り温泉のメジャー化に尽力すべく、
チャンスは今だ‼️とばかり、あちらこちらに顔を出して啓発活動に力を入れていらっしゃる。


一方、俺はそこまではならないと予測する。

以前あれほど熱を上げていたのにも関わらず、
読み方によっては、冷淡だとも取られ兼ねない反応しかしていないが、
今までこの世界には、散々『冷飯を食わされ』冷遇されてきたから、『今更なぁ~』というか、
『ぬか喜びしたらまた馬鹿を見る』って感じしかしないんだよね、、、😢


板橋区の某温泉で、緊急事態宣言期間限定で温泉販売を実施していたようだが、
それを他所が追従する動きが、全く見られないし…
(※ここは既にサービス終了)


他は南関東とは無縁の、栃木や群馬の中でもすこぶる遠い場所や、
中部や北陸、東北や関西、九州などの遠方ばかり…

地方の新聞に取り上げられたとはいえ、
あくまでその地方のブームでしかないので、
残念ながら地方完結の、しかも極一部の方々のマイブームだけで終わると予想している。



これ以上のブームを興す為には、
温泉マニアとかそういう類いを超越した一般の方々が振り向いてくれない事にはどうにもならない。

まぁ、特に都内やその近辺住民に…かな。


その為にはまず、
『温泉も好き、尚かつ有名な人達』
が振り向いてくれないと。。。


具体的にはどういう方々が対象になるかというと、
1日来訪者2~3000人クラスの絶大なアクセス数を誇る各社の公式トップブロガー、
10000回再生の動画を量産し、そこそこ名の知れているYouTuber、
5000人以上フォロワーを持つTwitterの方々やインスタグラマーの方々だ…

まぁ要は、温泉だけでなく、
色々な面でまわりに影響を与える力をお持ちの方々で
比較的温泉色の強い方々…

彼ら彼女なに興味を持たれない事にはどうしょうも無いよ…




流れの図式的には

上記の様な『名を上げている成功者』の複数の方々に取り上げられる。
↓↓
その延長上に居る『温泉好きの芸能人』に注目されて、その方がマイブームとしてハマる。
↓↓
その芸能人達が自分のTwitterやInstagramにて記事にして、一般人(特に都民)に自宅温泉が認知
↓↓
何で近くに無いんだ‼️地方民ばかりズルい‼️と騒ぐ
↓↓
大手中堅の温泉企業が新たな商売として注目する…


こうしたサイクルが出来ない限り、絶対無理じゃないかな、、と思っている。


そういう意味では、知人が最近力を入れているTwitterの世界は、ある意味平等であると同時に仲間との繋がりが出来るし宣伝にもなるので、
上手くハマれば有効な『導火線』になり得るかと。


現に群馬某所の件の際には、知人や俺が意図せぬ形で導火線になり、芸能人まで来る位に有名になった『実積』があるからなぁ…可能性としてはゼロじゃない。



後はTwitterの他に、データベースが必要。
そこでブログや旧来のHPなどの出番となるが、
とりあえずInstagramも、その代用になりえるかと。

入り口は広いほうが絶対いい。
情報の集約、パッケージ化は大事‼️
しかもそれらは足し算では無く、SNSとの連動は『かけ算』になるので、相乗効果は馬鹿に出来ない。


もし覚悟を決めたなら、
是非検討していただきたいかな、、、
上手く火がついてくれればいいが、、、



それとね、、、
現状では、
自宅温泉の知名度はまだまだどころか、
温泉マニアの中には、自宅温泉に対してアレルギーを持ち、あえて無視している方々も沢山いる。


例えば、、、

『地元エリアには温泉が無い。温泉が豊富な自県の中で温泉不毛の地だ‼️』、、、とおっしゃっている方がいらっしゃるとしたら、、、


確かにそれ間違いではない。

その県は、沢山の素晴らしい温泉が山程あるから、
その視点で見たら当然その様な答えになる。
現にその地域には、温泉施設自体は多くは無い。


だが、『自宅温泉ファン』から言わせてもらえば、
その方の地元に温泉そのモノが全くが無いというのは
大いなる誤解である‼️


確かに当該市内じゃないけど、お隣の市を含めれば、
もの凄く源泉に恵まれた希有な、宝の山みたいなエリアなんだよね、、、

あえて場所の名は出さないが、
例えばこれとか、、、
20200419_145842


ここも、、、
20200617_194523


スタンドなら、ここもだ。。。
IMG_20200617_204401_688


そしてこれらは温泉施設で入浴するよりも、
自宅で源泉100%入浴してこそ、その個性を味わえるモノだという事は、ちゃんと指摘しておきたい。
(一番上のヤツは風呂釜壊れるけどね、、、下2つなら問題は無い)

まずは、こうした『食わず嫌い』な方々への働きかけが必要かと。


ラーメンマニアが趣味が興じて、1度は自宅でラーメンを作るのと同じような気軽な感覚で、是非試していただきたいなぁ、、、


メジャーな温泉ファンのSNSを観た芸能人がそれに触発され、TwitterやInstagram、YouTubeで、自宅の浴槽で温泉を楽しむ様子をアップしてくれりゃ万々歳なのだが、、、(^_^;)





俺は温泉に関しては挫折した人間であるが、
その知人は、ソコソコの知名度がある温泉マニアであると同時に、持ち帰り温泉の第一人者、、、

彼の今までの実績や温泉に関する功績を考えると、
名声を得るに相応しいと思う。

一番こうした行動を興して欲しかった人が、本気で動き出してくれたのだから、俺としては本望だ。

極論、
『マ○コの知らない世界』あたりで、彼とその仲間が出演する位になって欲しい( =^ω^)
きっと絵になる筈だ。


20200624_180321


温泉関係者の経営者は内弁慶な方も多く、
他所を知っている様で意外と知らない。

こうした関係者の方々に一石を投じられれば、
もの凄い意義のある事かと。

自宅温泉をこよなく愛する方々のこれからのご活躍に期待したい。。。




※俺の場合、複数の方々、特にとある神奈川御在住の方の某サイトには非常に世話になった。
汲みたくなったらコッソリ汲める千葉の源泉4ヶ所の存在を知る事が出来たのだから幸せな方なのだよ…
(それでも片道20Km~40Kmの場所ばかり)。
これらは今でも年に何回か行くし、重宝している。

知りたい方は、ヒントだけでも提供します。
情報の秘密厳守を条件に、このブログまでコメントを。。。なんならInstagramの方でも、
メールでもかまいません。

尚、質問&返事は、掲載から14時間程で消去いたします

先日、父親の墓参りに兄弟皆で行った際、
久々に妹に会い、色々話をした。

実は妹も夫婦での食べ歩きが好きらしく、
その行動力はウチら以上!!( ; ロ)゚ ゚

クーポンや裏サービスなどに詳しく、その知識を駆使してもらい、
以前法事の時に助けてもらった事がある。


さて、そんな妹だが、さすがに立ち食い蕎麦には行かないようで、、、
以前に小諸そばには行ったことがあるけど、
ゆで太郎はまだ行った事が無いと言う。。。

このご時世、あまり派手に多人数での外食は出来ないが、ササッと蕎麦食べる位はいいだろ、、、


それなら早速行ってみようって事で、
千葉市内にあるゆで太郎に寄ってみる事にした。

さて、何にしようか券売機を見ていたら、、、
20200627_140523



日替わりのマル得セットなるモノが目についた。

20200628_112038

土曜日はミニ海老舞茸天丼にそばのセット、
しかもこの日は、蕎麦大盛り無料って事で、
当然大盛りにしてもらう。

20200627_134522


蕎麦、意外にボリウムあるなぁ、、、
だが俺は、蕎麦の量少なくて天丼のライスが多い方がありがたいんだけどなぁ😅


手羽先紅葉サマは温かいそばにしたので、それを少し失敬したが、やはり冷たい蕎麦よりも温かい方が天丼には合うような気がした。

20200627_134526

ミニ天丼は、
海老天2本、舞茸天、オクラ天が乗っており、これはなかなか得だ。

蕎麦チェーンの天ぷらとうどんチェーンの天ぷらを比べると、蕎麦チェーンの方が少し味が濃い様な気がするんだけど、気のせいかな、、、

俺としては、どちらも好きなんだよなぁ~🤤






------------------

さて全然話は変わるが、、、
プロ野球が先日、無観客で開幕した。


やっとテレビで野球観ながら🍺が飲めたのは嬉しい限りだ。。。


7月から制限アリながら観客を入れて試合をするらしいが、
いきなりで大丈夫かよ、、、って気がしなくもない。



ディズニーリゾートはスタッフを使い、対外アピールを兼ねて一度シミュレーション&デモンストレーションを実施。

NPBはどうなんだろ、、、⁉️


ここで1つ疑問が湧いたのだが、、、

各球団は、
何故二軍の試合をテストヘッドにしない⁉️

20190429_193514

土日にイベントがあれば、二軍といえどこの様に混雑するが、
平日の昼間の試合なら、浦和や戸田、西武第二の主宰試合なら、有力ルーキーの出場さえなければ、200人程度しか客は来ない。

鎌ヶ谷や横須賀、よみうりランドでも、
平日500人、土日でも1500人程度の観客だ、、、



これらの試合を有効活用すれば、コロナ対策の叩き台になった様な気がするんだが、、、

観客数を見たら、コロナのリスクは一軍とは比にならない位低いから、色々試せそうな気がする…


ただ二軍の球場は、選手との距離も近い上、
練習場や宿舎が併設のされている為に、一軍とはまた違ったリスクがあるのは確かだ。


でもそれなら、近所の球場でやれば良いだけ。
ちなみにヤクルト・ロッテ・西武は、
市営浦和や市営大宮、飯能市営で開催実積がある。

なんなら各球団、一軍の本拠地での二軍開催を実施した事は多々あるので、そこで試験的に試し、各種データを集める事が出来たかと…

(一軍本拠地での平日ナイターの二軍の試合を何回か見た事あるけど、巨人以外は1000人~多くて2000程度の観客数だった)

席の距離はともかく、
客の動線や誘導、トイレの感染対策、フードやドリンク、グッズ等の販売方法、観客の応援、観客検温のスムースな誘導方法、
必要な人員配置、区画の値段設定やニーズの把握、

そして実際どの程度なら観客を入れられるかなど…

試してみて初めて分かる課題もある筈だ。


何事もステップを踏んでデータを蓄積し、
次のステップに進むのが常套手段。

もし二軍の試合で感染者が発生してしまえば、
これよりもうんと規模の大きい一軍のお客様を入れての開催というのは、到底不可能という答えになる。


そういう意味で、二軍という格好の機会を生かさないのは、とても勿体ない気がするのは俺だけ、、、⁉️
(二軍の選手を人柱にするな‼️という意見もあるかもしれないが、リスクがあるのは一軍も同じ。ただ二軍は一軍の有観客試合よりもリスクはうんと少ないから、テストには丁度良いといえるかと…)


20170312_121039

ちなみに鎌スタだと、これで1800人位入った時の人口密度。これ位だと確かにヤバいかも、、、


こういうシミュレーション無くして、いきなり7月に一軍の観客入場を決めるのは、マジで心配、、、
特に一軍は失敗が許されないからなぁ…


俺も早く観戦に行きたいのはヤマヤマなんだけどなぁ
もう少し様子を見るしか無いなぁ、、、

さて、海岸にてマテ貝をゲットした帰り、
買い物をして氷を貰う為にAEON幕張新都心に寄った

朝メシは🍙オニギリ1個だけ。
いい加減ハラが減ってきたので、
ニンニクアブラマシマシな奴を補給する為に
久々に営業自粛から復活したフードコートに寄ってみる事にした。


時々お世話になっている、
3階フードコートにある『麺屋心』さんに向かうが、


ん、、、( ロ_ロ)ゞ??


麺屋心さんが無くなっている(|| ゜Д゜)…

違うラーメン屋になってしまっているぢゃないか‼️

20200607_141413


でも良~く見たら、
『フジヤマ』同様に、
新しい二郎インスパイアがメニューにあった。

20200607_140756



まぁ、何はともあれ、目当てのモノがあってヨカッタよ、、、

店の名前は、なんと、

20200607_141438


旨い安い腹いっぱい
なんだそうな、、、

そのまんまの凄いネーミングだ!!( ; ロ)゚ ゚



以前はアブラやニンニクの量は選べなかったが、
この店になってからセレクト可能。
ジャンクガレッジ同様、注文してから無料トッピングをするシステムだ。

さて、ラーメン麺大盛りにして@850円
野菜、アブラ、ニンニクマシをオーダー。

待つ事5分、久々の御対麺じゃ


20200607_142234


以前よりビジュアルがパワーアップしたなぁ


20200607_142242


お碗2つ貰い、二人でシェア。
麺屋心さん時代同様カウンターには醤油タレが存在。
お碗に少しだけ入れてきた。


まずは野菜をお碗に盛り、良くかき混ぜてからお碗に麺とスープを入れ、野菜を戻す。

スープと麺はこんな感じ。
20200607_142439


以前は二郎インスパイアにしては、ややアッサリしていたが、少しだけ濃くなった感じ。

コワゴワした麺に、
乳化したスープ、半端ありません🤤

いいもん食った。ごっつぁんです。
『濃いよ~濃いよ~!!間違いない‼』






本題に入る前に、、、
つい先程、ショッキングなニュースが飛び込んできた

神保町にある、黒いカツカレーで有名な、
キッチン南海さんが、閉店してしまうらしい!!( ; ロ)゚ ゚

古き良き時代の昭和然とした洋食屋の雰囲気、好きだったんだけどなぁ、、、

味もコスパも最高。
コクのあるカレーも、パンチの効いた揚げ物も美味かったのに、、、

『会えない辛さ、あぁ~あぁ~あああ~😢あぁ~😭』

こんな事なら、昨年行っておけば良かった、、、
後悔してもしきれない位ショックだぁ😨



だがお弟子さんが、この神保町にて、この店の味を引き継いだ店を出す予定らしい。
何とか黒カレー法灯は引き継がれそうなので、それに期待したい。。。



さて、本題

千葉海鮮といえば、
新鮮な魚を使った刺身、そしてアラ煮をメインのネタにしたがる俺だが、
千葉の海鮮は刺身に出来る魚のみにあらず…

タダで拾える貝も地元ならではの味わいな野田…

って事で、ここは趣向を変えてみようかと。




さて、とある日曜日、
潮の引きが良く、潮位7㎝とマズマズ。。。

1年前は、散々貝を拾って堪能したなぁ。。。

今年も、
『思い出をもう一度、baby came back』し、
貝でも採ろうかと思い付いたが、、、

ただこのご時世、
あまり派手な事をやらかす訳にはイカぬ…( ´△`)


何とか地味にヒッソリ獲る方法は無いか、
ニワトリ並の小さな脳ミソをフルに使い、
無い頭で悪知恵を働かす。。。



船橋にある某公園の浜は、
アサリ&ビノス&シオフキ、運が良ければツブ貝やマテ貝をも狙えるが、日曜日は路駐の取り締まり激しそうだし、何より駐車場は500円かかる、、、💰

第一、狩漁権のが広く立ち入り禁止の場所が多いのでそこにうっかり立ち入ったら最後、
『ただ一度の過ちなのさ~』では許されぬ野田⤵️



千葉ポートタワーあたりもビノスとアサリがあるらしいが、確実性では何とも言えぬ、、、

そして上記二ヶ所は、

間違いなく密になる




市川の行徳橋近くでは、
ビノスとオキシジミが狙えるのだけど、
オキシジミは不味いし、ここのビノスは水質が良くないせいか、そのままだと真っ黒でヘドロ臭くて不味いので、処理に一苦労を要す。。。



同じ川(江戸川放水路)の河口あたりもビノスとマテ貝を狙えるものの、潮が余程引かないと立ち入れないし、
ここも取締りの絶賛ポイント😢

駐禁切られ『泣いている 叫んでいる』状態になっては洒落にならない。。。



で、候補として思い付いたのは、
幕張の浜~検見川浜エリア。

ここは人が多数来ても、海岸自体が広いから、
密集までは至らなさそうだ‼


ここはマテ貝が一番期待出来るらしい。
しかも秘密の無料駐車場がある。

とりあえず今回は、
マテ貝をメインターゲットにして、
あわよくばビノス、最低シオフキ貝を取るという作戦を立て、
ここ幕張~検見川浜エリアをセレクトし、
どれ位貝が拾えるか試してみる事にした。


マテ貝捕るのは実に40年振り😓
まさしく俺は、
貝に『心を求め合う』状態だ‼


さて、実際行ってみると、
結構お客さん居るなぁ、、、


だが、やはり密までには至っていない。

2mの『星空のディスタンス』は保てそうだ。
20200607_110739


さて、準備万端。
俺の超ド短足が目立ってしまった、、、、💦


20200607_110327

んな事はどうでもいいな、、


狙うは、稲毛方面ではなく、少し歩いた幕張方面。
こちらの方が少しだけ遠浅になっている。
『例え500マイル…(500m)離れていても』
これだけで大分違う野田‼️

おっ‼結構、潮が引いているゾ!!
『激しい風が今』は無いし、絶好の潮干狩り日和だ。

20200607_111736


さて、掘る事数分、シオフキ貝が幾つか捕れたが、
メインはコレじゃない‼️

穴が幾つか空いている場所を狙い、10センチ程やみくもに掘ると、手に何やら細長い硬い物が手に触れた

だが、それはみるみるうちに下に潜って行く‼

マテ貝は殻が柔らかいので、力を入れすぎると
『突き抜けろ愛のレジスタンス』状態になり、
パキッと折れてしまう。。。


こうなったら先回り、
右手で軽くマテ貝を持ち、
左手で深く掘って下から先回りしてしまおう(*`Д´)


って事で、ようやくゲット( ゚ロ゚)!!

20200607_120401

ちょっと見た目がアレだな、、、
『燃え上がれ愛のレジスタンス』を具現化したような姿(なんのこっちゃ💦)


まぁ、こんな事しなくとも、少し掘って塩振りかけて数分待てば、ニョキニョキと姿を現すのだが、
俺はこのやり方は経験が無く、いつも強引に掘っていたからなぁ、、、


20200607_113336


まわりを見渡すと、みなさんなかなかの収穫。
貝は1個見つけたら、その回りを掘るのがお約束。
高い確率で何個か捕れる。
まぁ、これぞホントのクラスター潰しだな😓



ビノスを狙おうともう少し深い場所に行ったが、
さすがに無理っぽい。
海パンじゃ無きゃダメだな、、、


尚、浅い場所で家族で貝を取っているのは日本人の家族連れ、

深い場所へ行けば行く程、近隣諸国の方々の割合が多くなるのはお約束😅

ここはビノスは諦め、マテ貝とシオフキに専念するが
あまり長い時間居ると熱中症やら感染やらのリスクに晒されるので、1時間で終了。


で、本日の獲物はコチラ

20200611_050258


マテ貝44本、シオフキ貝28個、
オマケでアサリ1個、バカ貝1個だった。。。


この後、千葉ポートタワー近くに移動した。
無料駐車場はほぼ🈵だったが、少しだけ待ってたら何とか車を停められたので、
潮が満ちてしまう前に速攻海を漁ってみた野田が…

20200621_131657

獲れたのは小さいアサリだけだった😧

これらは取るのは禁止されているので、海に返すしかない。

20200621_131814


ちなみにここは、
足が海藻だらけになる。
まぁ、足洗場があるからいいんだけどね…

20200622_131403




さて、自宅に持ち帰り、早速調理。

まずは昨年同様、
シオフキ貝で、アオヤギモドキを作る。
20200607_173600

生だと怖いので、
口が空いても少しだけ茹でて、
引き上げて冷水にさらす。

20200607_174019


剥いたら、内臓を潰しながら数回洗い、
砂を除去する。
まぁ最低7回はやらなきゃな、、、

20200607_174225

指で押して内臓を除去しながら、
とにかくよ~く洗うしかない。
20200607_174721


あれだけの量なのに、中身はコレぽっち😅

20200607_175219


以前も書いたが、
シオフキはバカ貝の親戚。
中身はかなりの砂を含んでいるので、食べられる場所は少ない。
味はバカ貝より落ちるが、酢味噌で食えばそれなりにイケるのだよ。

20200607_200830

上記の画像少しブレたが、
左がバカ貝、右がシオフキ。
大きさが違うだけで似たような中身の形が一目瞭然なのがお分かり戴けるかと、、、


一方、マテ貝は、貝殻部分が柔らかい分痛みやすく、
あまり市場には出回らない。
まさに地元でしか味わえないご当地食材だ。
見た目は少しグロいが😅

20200607_181323


砂抜きは二時間で充分。
単純に酒蒸しとバター炒めが美味い。

こちらは茹でたら、殻が2つに折れるような感じで開く。生きた貝か死んだ貝か見分けがつきにくいので
初めての方は注意が必要。
しかも殻は破れやすい。
捕る時皮が破れてしまっても、捕った時に生きて動いていたなら、その日のうちに食べるなら充分だ。
20200607_181326


今夜の晩飯は、小松菜とアサリとマテ貝のバター風味パスタ、
マテ貝の酒蒸し、シオフキのヌタ、
一匹398円で買ったイナダとマグロの新鮮なアラを実家とシェアし、刺身と煮物にした。

20200607_200806

マテ貝は、アサリよりも淡白でやや癖があるが、
それがまた美味いんだよなぁ、、、

見た目がアレなんで戸惑う方も居るかもしれないが、
味は保証します\(^-^)/



さいたま市近辺からであれば、
外環&南関東道経由、多少の渋滞を考慮しても二時間チョイあれば着くので、
機会あれば是非行ってみて欲しい。

保冷袋にアイスノンや保冷剤は持参で。。。
ビニール袋半分の塩と、水入りペットボトルは忘れずに(キレイな塩水で、帰りながら塩抜きするのに有効)

ネット上には塩を使ったマテ貝の捕り方が載っているので、参考にして欲しい。
有料駐車場は1日500円。

次に貝拾い出来るチャンスは、7月20日前後。

以降は干潮でもあまり潮が引かないので、これが年内最後のチャンスだろう。

↑このページのトップヘ