関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。
1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!!
たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。
予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000~23000円を目安にしています。
記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

知り合いが
日光・鬼怒川あたりに旅行に行くらしい

普段、夫婦共に
頑張っているみたいなので、

この機会に
久々に一家水入らずで、
ムチャ楽しんで来る事を期待しとります\(^^)/


若い衆のこういった旅行は、良い事さねぇ~(^^)

それにしても、羨ましい(о´∀`о)


やっぱあのあたりの
王道コースといえば

鬼怒川ライン下りや日光江戸村
それに、ワールドスクウェアあたりなのかな??


値段が値段なんで

はずかしながら、
俺にはあまり縁が無かったりして~( 〃▽〃)


メジャーどころでは
ワールドスクウェアは、
クリスマスイルミネ開催期のチケットを
新聞屋から貰って観に行った事があるんだが、

そこは真冬の山奥…
当然夜の気温は氷点下
寒くて死ぬかと思った(((((((・・;)



江戸村はいつか行きたいので、
土産話でも聞かせてもらってから、
金貯めて行くかどうか検討しようか…


で、俺でも行ける位迄
値段の下がる割引券が無いか、
チョッチ調べてみた( ロ_ロ)ゞ


ライン下りに関しては
H・i・Sのホームページから
2700円から200円引きになる割引クーポンが出るみたいだね…
大人二人なら、割引した分で駐車場代位にはなるかもしれん。


日光江戸村は、
公式HP自体に
1割引きのクーポンがあるみたいだ…
大人4500「両」で、駐車場800「両」だから、
これも駐車場代位にはなるだろうか…

すげえ高額だ( ; ゜Д゜)
どおりで以前、新聞屋にねだってもダメだった訳だ(^^;
(代わりにむさしの村のを貰った。ちなみにネズミの国もダメで、代わりにネコの国のヤツもらった)


ワールドスクウェアも
確か2500円位で、さらにコンビニで前売り券買えば300円位安くなるらしい。
ただここも駐車場が500円~(T_T)


鬼怒川から山奥に40分行った場所にある
道の駅湯西川から
水陸両用ズゴック…じゃなかった
バスツアーってのがある。
20130618_104040


一人3000円。駐車場代はかからない。
ただ、似たようなものは霞ヶ浦や都内にあるなぁ…


鬼怒川ロープウェイってのもあるね…
20年以上前に行ったのだが、眺めは
なかなか良い(^^)
今はどうやらライン下りとの格安セットも
あるみたいだね…

http://ropeway.kinu1.com/

猿軍団は再開したのだが、猿回しを観たばっかなので、行かなかった。
花いちもんめは、突然起こった腹痛で入りそびれ、
トリックアートは三半器官に自信が無いんで止めた(^^;

いずれも割引券はあるみたい。
そのうちリベンジだね。


宿によっては、もうちょっと安い価格でチケットを譲ってくれたり
割引率がもうちょっと良い割引チケットをくれる可能性もあるんで、ダメ元で聞いてみるのも良いかも。



…ざっとあげて、現存するモノはこんなもん。

でもさすがは観光地
千葉や神奈川並に駐車場代がかかるね…

割引いた分を料金にて回収される感じか…
こいつは盲点だった(-_-;)


以前あった
ウェスタン村と、ワンニャン村は
とうの昔に無くなっちまった

ワンニャン村のイヌ達は、チビばかりではなく
コワモテのデカいイヌも優しい奴ばかりで
檻に手をいれて撫でたり遊んだり出来て
気にいっていたのだが、
彼らは、ちゃんと引き取り手があったのかな??…


ウェスタン村では、
ショーに出ているパツンパツンの
お姉ちゃんがカワイイと
以前にネットで噂になっていた。
「揺れる」部分、見てみたかったなぁ~(^q^)←バカ




鎌ヶ谷から鬼怒川へは
下道で、休憩を挟みながら四時間とチョイ

茨城や埼玉からなら、休憩挟み3時間とチョイ位かな??






超弩級スペシャルなお節介ながら、

参考まで、俺のB級旅行コースをば(^^)


まずは宇都宮動物園。
入場料は、動物園にしては高めな1000円たが、
ここは動物に餌をやる事が出来る(^^)

カバやゾウは、
人間様がエサ持っていると
早くよこせとアピールする(^^)
これは必見!!


宇都宮餃子館は、宇都宮インターの入口手前にある。
シソ餃子が美味だね。
みんみんの支店なら、宇都宮駅東口のロータリーにある


鬼怒川の大吊り橋は、
かなり高い場所に掛かっていてスリルがある。
トイレ休憩のついでに寄るのもよいかも。
20141112_132843


川治温泉市街地では、
電線に雀だけでなく
おサルさんが( ̄▽ ̄;)
20141112_122612

ちなみに、川治温泉の日帰り温泉、不動の湯は
男湯の露天風呂がハンパなく良い。
すぐ脇が川なのだ…

ただ、周りから丸見え(^^;
俺が未だ「しがないニワトリ」だった時に
「粗品」を、女子二人連れに
あやうく見られそうになった(;´д`)


ついでに、「粗品」系といえば、
秘宝館なるエロ系の博物館があったなぁ…

古くからの温泉地には、けっこうこの手の場所がある。
まぁ、これはただのネタで書いただけ
見つかったらカミさんから天誅必至


日光の手前にある
今市の市街地中心部には、昨年出来た新しい道の駅がある。
土産モノ見るのもよろしいかと。
20150427_160456


その向かいには、酒蔵があり、
試飲が可能だ(^^)



中禅寺湖で、アイス片手に散策するのも良い。
乗り合いの船もあるし、
2000円しないでボートも借りられる。
チョイと洒落た避暑リゾート気分だね(^^)
鬼怒川から一時間弱ってとこか…
有料の華厳の滝とセットで良いかも。



龍王峡や霧降の滝は
無料スポットだけど、
この時期は虫が多いからパスかな(T_T)


まぁ、とりあえずこんなもんかねぇ…(^^)



温泉なら、他に素晴らしい場所が幾つもあるんだが…
それはまた機会があればって事で…

というか、俺の場合、
温泉がメインで観光はついでだったんで、
鬼怒川には10回行った事がある割には、
あまり詳しくは無いのよ(T_T)


温泉といえば、宿だが…

俺はチョイとばかりリッチに旅するときは
川治温泉の一柳閣を使います。

伊東園グループの宿は、
鬼怒川にもあるけど、
川治温泉のここの方が、予約が取りやすい。
温泉の湯の使い方なら、こちらの方が俺は好き。
源泉によっては、鬼怒川の方が良い場所もあるけどね…


正規の部屋なら、大体二人で17000円弱位だが、
ここの訳ありプランで、
二人で税込13000円以下ってのがある。
部屋数は、それなりにあります。

部屋の風呂は使えないのと、
和室は、低い階ってだけ。

もちろん窓からは侵入出来ない高さは確保してある。
しいていえば、
まさ…いやおサルに注意かな

ベットで小さい窓しか無い部屋に当たったら残念だが、
上手く和室に当たれば、広々としてて良い\(^^)/
これがその部屋だ!!
20151223_170208


勿論食事はバイキング
しかも飲み放題付きだ!!
20151223_183508

日光名物の湯葉は、あったり無かったりだが…(;´д`)


まぁ、みんなも行く事があれば、参考にしとくれ。
秋の紅葉がオススメだね。
ついでに、3月・4月あたりに過去記事でネタにしたから
ついでに観ておくれ。



俺も2週間後に3連休(^^)
実家の用事とか無ければ、
折角なんで、
ネタを仕入れにどこかに出掛けてみようか…

こうして書いていると、
また鬼怒川・川治に行きたくなった
久々に安宿に泊まりに行くかなぁ…( ̄▽ ̄;)
(一柳閣は俺にとっては高級宿なので、素泊まり2名計6000円の、楽器の弾けるボロ宿になるだろうが…)

でも、神奈川も甲府も長野も草津も気になる
さて、どうすっぺか

客数が減っているので、
さっさとB級グルメの情報、集めねば…(^^)

前回に続き、
ミンチな相乗り候補ネタ第2弾!」

前回は「勝手にシンドバット」並に
「勝手に無許可コラボ」を意識しすぎて
訳ワカメな内容になっちまったんで
今回は自分らしく書きます(-_-)


ミンチなネタは、これにて暫く打ち止め(^^)


…なので、今回は
以前あったブログで載せたネタをベースに
ミンチ関連からカレーや鉄ネタ、
自宅メシネタまで色々こじつけて広げてみようか…(^^;




昔は、食堂車やビュッフェが
新幹線や特急に連結されており、
旅に彩りを与えてくれていた。

今じゃ、電車ん中でモノ食うのは
「臭い」「マナー違反」と、
タブー視されてるみたいだね(-_-;)…
時代は変わったものだ。。。


食堂車やビュッフェといえば、
真っ先にカレーを思い浮かべるのは、俺だけ??…


かつては神戸にあるMCC社が、
山陽新幹線を担当するビュッフェの会社に
カレー缶を納品していたらしいけど…

あれと同じものは、もう手に入らんね…

業務用のデカい缶詰なんて、もう無いだろうし…

仮にあったとしても、
ここ20年の間にレシピも
何回か変わっているだろうから…(××)


でも、似たような味は出る筈…

という訳で、MCC社のレトルトカレーの辛口と中辛を混ぜて、
水を100CC弱入れて混ぜ混ぜして、少しだけ煮込んでみました( ☆∀☆)


1415876341472



これが一番、らしい味になるかなぁ~

辛いけど辛すぎないビーフカレー…

思い出に近い味になりました(^^)


まぁ、
『レトルトのビーフカレーなんて、
みんな似たようなモノだろ??』

と言われりゃそれまでかもしれんが…( ̄▽ ̄;)



ビュッフェのカレーは、
あんまり手間かかってないから、
これでとりあえずはこれで良いとして。

1415880535625



残るは、食堂車のハンバーグのリベンジなのだが…



以前衝動買いした食堂車の歴史を載せた本に、
日本食堂のハンバーグの統一レシピが載っていたのに、その本が紛失したのか、
どこ探しても見つからない…(;゜∇゜)


もう1度ゲットしようとして、
神田神保町の「鉄の聖地」である本屋、
書泉グランデさんに行ったが、
古い本なので、当然売って無いわな…(T_T)


こうなったら
クワトロばりに「やってみるさ!!」と吠えて
うろ覚えで作ってみるしかないな…

確か本に載っていたのは、挽き肉は500㌘だったなぁ…
大体1回で3人前の量か??

ハンバーグは、レトルトや冷凍では無く、
ちゃんとタネから調理していたのが凄い!!

牛挽き肉80%以上というだけは覚えているが、
この挽き肉が曲者

牛肉か、どの程度のランクのもので作られていたか、
予想していくしかないね…


このレシピは統一・マニュアル化されたレシピという生い立ちから、
多数の列車にて食堂車が営業していた
昭和50年代の物と思われ…


当時は輸入牛の自由化になる前で、
安いオージーやアメリカ産の牛肉は僅かしか無い。
しかも、相当関税が掛けられた上に、
今の2倍円安だったんで、
決して安いモノとは言えなかった。



肉屋から、わざわざ挽肉を購入するのではなく、
ホルスタインや和牛のシチュー用のスネ、
ステーキやすき焼き用のロース肉や赤身肉の切れ端、
輸入品などを使っていたかと…

しかもビーフシチューやローストビーフ、
ビーフステーキよりも、
ハンバーグはよく売れますから、
とても和牛やホルスタインだけで作ると元がとれん。

かといって豚肉は
2割以内にしなければならないという
決まりがあった様で、なかなか原価は下げられません。

一方、ハンバーグを2000円に設定したところで、
誰も食わない。
当時なら、どんな高くとも1500円が限度だろう。


ではハンバーグで失われた利益をどうするか…??

その分を
ステーキや他のメニューに
損失分を乗った値段設定で補うのです。



まぁ、それはともかく~

家庭で食堂車の味に近づけたいなら、
国産牛の小間切れと和牛カレー用肉をゲットし、
少し凍らせた上で気合い入れて細かく切った後、
粘りが出るまで包丁の裏でひたすら叩き続けるやり方が一番無難だったりします。


フードプロセッサーがあれば楽ですが、
肉の触感がなくならない様に、
凍らせた小間切れだけはは包丁を使いましょう。

で、その他オージーの小間切れや豚の切り落とし少量など材料を混ぜて、叩いて叩いて
練って練って練りまくり…

出来たタネがこちら


20151005_213722


何がなんたか分からないケド(;´д`)
一応牛が9割です。


10年前にこの本のレシピどおりに作りましたが、けっこう高級感溢れる味になったのを覚えています…


玉ねぎを沢山炒めたものを脇に添えて、クレオールソースなるものをハンバーグにかける…って感じだったかと思いますが、ハンバーグのパン粉などの量を覚えておらん(>_<)

まぁ、なんちゃってで作り、完成品がこちら

20151005_215846


見た目悪いけど、味はまぁまぁの出来…(^^;

家内も残さず食べてくれました

でも、ちょい柔らかかったかなぁ~
前回の方が良い出来だったような…(--;)

あぁっ…!!
メモしときゃ良かった…

もう一度食べたいなぁ~(^q^)

ちなみに、当時の食堂車のコックさんの名誉の為に申しておきますが…

ビュッフェとは違い食堂車のカレーは、決してレトルトでは無く、カレー粉を小麦粉とブイヨンで炒めて、自家製カレールーを作り調理していた事を述べておきます。

昨今では、レトルトカレーを野菜やコンソメで伸ばして使用する店も多いのに、ルーを手作りしていたとは~
これは凄い事だなぁ~

せめて当時の味を求めるべく、
そのうち鉄道博物館にでも行ってみようか…

食い物目当てでここ行くの、
多分俺たけだと思うが…(-_-;)

※ハンバーグを焼く鉄則
片面中火で3分
ひっくり返して酒20mL、水20mLを入れ中火で3分
焦げている方を上にして中火で3分で完成だ。
手軽にタレを作るなら、
焼き肉のタレを30に水30入れ、沸騰させてハンバーグにかけるだけで、ソコソコの味になる。
食堂車の味にするなら、焼肉のタレの代わりにデミグラソースを入れるとよい。
デミグラが無いなら、溶かしバターにウスターソースを入れてね。。。

ブログネタ
旅に出よう! に参加中!
佐野厄除け大師から車で10分程の場所に
栃木で有数の人気を誇る道の駅があります。

その名も、『どまんなかたぬま』

20160614_162700

ここには農産品販売の他、
土産物を売る場所の他、
パン屋やアイス屋、
それにレストランが2ヶ所あり、
いつ行っても結構な賑わい

佐野ラーメンも
いもフライも、
ちゃんと置いてあるんで、
食べそびれた時はここで食べると良いかも。

まぁ、専門店の味って訳にはいかないけど、
味のツボだけは押さえてあります。
価格もお手頃だし…

ただ、ここには遅くとも夕方5時半には着かないと、
全てを堪能できん。


一応、パンフ貼っときます。

1466388480207



1466388632338


ちなみに売り場には、
佐野ラーメンが沢山置いてあります。
冷蔵ケースには、
他の佐野名物である
耳うどんや、カンロという寒天菓子も売っていた。

20160614_163447




さて、ここには嬉しいもてなしが2つあります。


1つは足湯
見てくれは足湯と思えない位に立派(^^)
20160614_163649



ここは足洗い場がついていたり、
設備は充実しております。

しかも、
無料(^O^)

ありがたやありがたや…
と、ズボン捲って足突っ込んだが最後

先に足湯に入っているバサマに捕まり…

足湯についてレクチャーを受けるハメに( ̄▽ ̄;)

バサマ(以下、バ)
「どこから来たんかい??」
ちょに~らいでん(以下、鳥)
「千葉です」
バ「遠くから来たんだから、シッカリ浸かっていきな」
鳥「は…はぁ…」
バ「最低、20分は入れとかなきゃ意味ないんだよ」
鳥「あ…熱いっす…もうダメっす…」
バ「ガマンガマン!!後が楽だから」



他には、


「この足湯は市が助成金を出した。」

「結構遠方からこの足湯に浸かりに来る人もいる。」

「ここでしょっちゅう足湯していたら腰痛が治った。」

「足を動かさずブクブクの上に足を置いたほうがいい」

「野球選手が、お忍びで来たことがある」

…など、いろんな事話してくれたのだが…

心の狭い俺は…




『まぁ、これは温泉の力だけでは無く温浴効果だし…』

『塩素が強いので、
最後はしっかり洗い流さなきゃならないし…』

『しょっちゅう来てんなら、この近く(下記の場所)からお湯貰ってって、自宅で足湯した方が、余程効果的だゾ…』


……など、心の中で反論してしまった…(~_~;)


そんな態度は表には出さずひた隠し…
律儀にも言われるがまま、20分ガマン!!

かなり汗ダクに…
まぁ、確かに温浴効果で腰痛は楽になったわな…
バサマ、俺を20分浸からせてくれてありがとう。
退屈せずに済んだ( ̄▽ ̄;)


さて、足湯に入った後は、
その「足湯と同じお湯を貰える」場所へ…

道の駅の駐車場裏手の畑の中にある、
タンクの下にこんなモノが( ロ_ロ)ゞ

20140411_141130




20160614_160602


これが何かは、ここではあえて書きません(^^;


これが何かは、ちょに~らいでんから喪われたモノに聞いとくれ( ̄▽ ̄;)


足湯のモノと同じモノがGET出来ます。
自宅で足湯したり、フロで使ったり出来ます。

丁度老夫婦が来ていて
俺みたく、タンクやペットボトルを沢山積んで
これをGETしとったわ…

よくこの手の場所に汲みにくるのは

『帽子+白髪+手拭い+緑又は茶の作業ズボン+長靴+軽トラ+200Lタンク』

といった、フルアーマーガンダム並の

『標準武器セット』
を装備したジモティのジサマ達なのだが、
ここでは見た事が無いゾ( ̄▽ ̄;)

もしかしたら、
ここは割とライトユーザーが多いのかな??
初心者向きだね(^^)


気になる価格だが、
普通なら灯油タンク満タンの20Lで10円から、下手すりゃ200円する場所もあるが、


佐野ではコイツも何と


無料( ; ゜Д゜)


では早速
二番目のおもてなしを有り難く、
頂戴するとしましょう\(^^)/

20160614_162131


タンク2つじゃ物足りず
さらに「クミコさん」しました…


20160614_162128


ありゃりゃ(~_~;)
ちょい欲張り過ぎたかなf(^^;


ちなみに土浦市の某所では、
足湯が二人で200円、
持ち帰りが120Lだと600円
計800円かかる…
しつこいようだが、
ここでは

無料!!

佐野市よ!!
俺のお腹と一緒で
何て太っ腹なんだ!!(* ̄∇ ̄)ノ

まぁ、薄い成分なので、単純な比較は出来ないけどね…
メタけい酸がもうちょいあれば、十分に入浴で施設用に使えるのだが…

20160614_163814




そうそう、
どまんなかたぬまには
幼児用の遊具もあるし、
甘いモノも充実しているし、
名物も沢山置いているんで、
我々B級旅行マニアには強い味方になります。

ここでオヤツやメシを食ったり
足湯入ったり買い物したりすれば
二時間は過ごせるぞ


ただ、ここは閉店が早く
水曜は休みだから、気を付けましょう。

0463b631-s


前回行った時に、
さのまるにアイス喰わそうとしたが、
遠近法失敗しちまった(-_-;)

ブログネタ
いかに生きるか に参加中!
ブログネタって機能は、
俺みたいなアクセスの少ない底辺ブロガーには、
唯一のオアシスみたいなもんさね…

http://blog.livedoor.com/lite/blogneta/
皆様、参考までに。

さてさて、本題。

さて、今回からまた佐野シリーズに戻ります。
前々回に書いたイモフライの店に行く前に、

佐野厄除け大師がどういう場所か観てみたくて
お詣りしてきました。
なんせTVで有名ですからねぇ~

ここは正式名は、
惣宗寺(そうしゅうじ)というそうです。


「惣菜」の惣って字も入っているし、
長い棒状の姿をした、
ドイツの某腸詰め料理に名前が似ている…

B級グルメな街・佐野に相応しい寺院名と思ったのは
オレだけかな??(~▽~;)
何てバチあたりな…(-_-;)


その惣宗寺さん、
他所のお大師さんの
テレビとCM同様に、

『関東の三大師!!佐野厄除大師へ(*`Д´)ノ!!』


…って、燃えながら絶叫していることから、
イメージ的に「真言宗」の寺院かと決めつけていたが、

なんと「天台宗」なんだとか…

今思えば、葵のご紋があったから、
何となく違和感があったのだが…
(徳川は菩提寺が浄土宗と天台宗なんで…)


ちなみに関東の三大師の「大師」とは、
弘法大師の別名を持つ空海さんでは無く、

元三(慈慧)大師の別名を持つ「良源さん」という
天台宗の偉いお坊さんを祀った寺院の事を言うらしい…

後2つの「関東の三大師」とは、
前橋の青柳大師と
埼玉の川越大師の事を指すのだとか…



一方、真言宗の方は


『関東厄除け三大師』

といい、

川崎大師と西新井大師、
千葉県香取市の観福寺観音堂の事を指すのだとか…

こちらのお大師さんは、
もちろん、一般的に有名な、あの弘法大師の空海さん。

今迄この違い、知らなかった…(*ノ▽ノ)
無知なのが恥ずかしい(>_<)


どちらも密教系の平安仏教なので、
共に護摩をモクモクと焚き
お坊さんが呪文(真言・蛇羅尼)を唱えるから、
俺みたいな知識の無い者には、その違いが解らないが…

さらには、各宗を開いたお坊さんや、
かなり高位のお坊さんは
道元さんが「承陽大師」日蓮さんが「立正大師」の
別名を持つ様に、
みんな「○○大師」の別名を持っているんで、
チョイとばかりややこしい(-_-;)


お大師さんの話はこれくらいにして、
惣宗寺とは、こんな感じの場所だった。

20160614_153149


お寺の敷地は思った程広くは無いので、
すぐ巡れます。

密教系の寺院に行くと、たまに頭が痛くなるのだが、
今回は大丈夫だった…
けど、
ビビりな俺は、あまり写真は撮らなかった…

けっこう、中は位牌が沢山並んでいたし…
失礼かなぁ…と


20160614_153005


尚、お寺の目の前には
佐野ラーメンと、いもフライを食べさせてくれる食堂があったのだけど、
とりあえずキャンセル(-_-;)
(写真の左側はお寺の入口、左の黄色い所がお店)

とりあえず、食える場所が見つかったのは収穫(^^)


それにしても、
神社仏閣巡りは癒される(^^)

これからどう生き抜くか、

ベンチにでも座って、寺眺めてユックリしてみると
何か閃くかもしれんね…

神社仏閣は、
何かしらパワーのある所に建てられている。
それが正のパワーの場合もあるし
負の場合もある。
その人との相性もあるから、一概には言えないけど。

俺もそうだったし。

ブログネタ
行った場所や気になる場所 に参加中!
佐野シリーズは、1回お休み…
天候不良により、神奈川への1泊旅に行けんかった…
翌日に佐野に行く事を思い付いたのだが、
その前日に、1泊旅行に行けず
残念会を開いた時に
飲んだ店を載せてみよう。


安く飲めればどこでも良いが、
折角なら美味いもん食べたいなぁ~

って事で向かったのは、
加賀屋さんという大衆酒場系のホルモン屋さん。

ここには年3回位は行っておる。


幾つか店舗があるけど、
どこも、いつもサラリーマンで満員(^^;
特に船橋店は、土曜日ともなれば、
夕方早くから行列が出来るほどの人気Σ(゜Д゜)

加賀屋さんは
この船橋の店が本店みたいですな…

何回か写真撮っているので、
今回はまとめてごらんあれ(* ̄∇ ̄)ノ



さぁ~
呑むぞ~( ロ_ロ)ゞ

まずはビールとモツ煮から

20151024_165758


船橋はサッポロビールの工場があるのだ(^^)
よって生はサッポロ
モツ煮はみんなが頼む為大量に作られるのであります。

ビールは500円。名物モツ煮は380円だったかな??
豚モツが沢山入っています。他の具は豆腐位(^^;


ほんのり酔っぱらった時に、お刺身登場(^O^)

20160613_181919


日替りで、この日は鯛の刺身500円…
なかなかね鮮度。

さて、次は何頼むかなぁ~
20160613_181543

ちなみに、メニューに載っている豚のスタミナ串は3本320円…多分ハンギング(骨より内蔵側についてる肉)の類かな??
かなりにんにくが効いとります…


20151024_172449


秋に行った時には、何とハゼの天ぷらが( ; ゜Д゜)
貴重な品が何と380円也

少しクセがありますが、懐かしい味
小さい頃、船橋港でよく釣ったなぁ~
これぞ江戸前の味ざんす(^O^)

20151024_171758


高いビールばかりは飲めないので、
焼酎ハイボールに切り替え。

どこぞの色付き焼酎だが(^^;…
税込260円は安い♪

殺人的な激濃と噂だが、
こいつは意外とウマイ!!
ただ、呑み慣れている人向きです。
中には記憶が飛ぶ方もいるとか…(@_@;)


20151024_171548

んでもって、串焼きのタン・シロ・カシラを一気に
2本200円。
タレ・塩の他にニンニクタレも選べます。炭火じゃないけど、味はマズマズです。

内蔵系は鮮度が命
市場との兼ね合いを考えれば火・金あたりがオススメです。


流石にヘベレケになって上機嫌で帰りました…

おかげで中性脂肪が心配( ; ゜Д゜)



って…(--;)

これじゃ全然船橋らしさが伝わらん(@_@;)


加賀屋さんの場所は食べログとかに載っております。
口では上手く説明出来ん(^^;

http://s.tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12003790/dtlrvwlst/

http://s.tabelog.com/chiba/A1202/A120201/12003790/dtlmap/


個人的評価


イヌ2匹トリ2匹、計4ポイント
味はマズマズだし、値段もお手頃。
ビールが後100円安ければ助かるのだが(^^;…
煮込みと、茹で豚のタン刺しがオススメだね\(^^)/
ビールを止めて、最初からチューハイ系で行けば、
二人で4000円以内の予算で楽しめる。

後日、H30年に再訪。。。

焼酎ハイボール、100円程値上げしておりました。。
ただ、フードは串焼き以外据え置き。。。

マズマズお得である事に変わりはありません。

↑このページのトップヘ