関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。
1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!!
たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。
予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000~23000円を目安にしています。
記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

さて、寄居から一気に小鹿野町に移動。

一度も寄った事の無い、
道の駅龍勢会館を覗いてみる👀

DSC_0025


食堂は、蕎麦が売りらしいな、、、

DSC_0026

メニューはこんな感じだった。
少なくとも秩父系のツブツブ&透明感のある蕎麦と豚みそ丼に関しては、ここで食べられるようだ。

IMG_20200811_124148

フードコートタイプの食堂なら、空いていればシェアして蕎麦を食べてみたいところだが、、、

生憎食堂スタイルだったし、うどん&はーぶ~丼を連続して食ったので、まだ小腹さえ空いていない、、、
ここは泣く泣く諦める😢


ヲラは牛の様に4つ胃袋が欲しいよ、、、




さて、ここから飯田地区にある温泉スタンドに向かう

細い道を山奥に観音院方面に走らせると、
左手に出現する野田。

DSC_0028


暫くぶりの御対麺だな、、、👀

40L100円也。かなり薄めの温泉だが、
鉱泉っぽい温泉水でも絵になる所が秩父の凄いところだ、、

DSC_0029


ここの温泉スタンドは、勢いよく温泉が出てくるので受けるバケツは必須。
びしょ濡れ必至なので注意が必要。

灯油タンクに入れるが、余ったヤツは一度バケツで受けてから、こうしてペットボトルに入れ替えるのだ。

DSC_0030


後日自宅で浸かったが、夏向きの鉱泉だよ。
サッパリツルツルした鉱泉は、素晴らしい。


あ、食い物書いてなかったな、、、

秩父のジモが愛用するしゃくし菜で作った
『しゃくし菜おやき』


IMG_20200818_224602

車の中でシェアして食ったが、
中身、しゃくし菜ギッシリでしたよ、、、

DSC_0068


長野の野沢菜おやきより少しクセがあるが、
これはこれで美味しくいただけた。

この手のモノは、
秩父エリアの複数の道の駅でよく見掛けるので、
一個位買っておいて損は無い。

さて、自宅から4時間掛けて寄居に着いた。

さぁ、寄居のB級ご当地グルメは生き残っているんだろか、、、⁉️


昨年はまさかのロストの憂き目に遭い😢⤵️
今回、再度の捕獲挑戦と相成った(`Д´)ノ!!!


さて、寄居ハーぶー丼の定義を、
寄居公式HPより抜粋

https://www.town.yorii.saitama.jp/soshiki/13/ha-bu-don.html

ここに書いてある、
『タレにエキセアナというハーブを使い、豚肉(県内産)に浸して焼き上げる』のが定義。


団体に加盟する『掟』さえ守っていさえすれば、当該B級ご当地グルメの名を名乗れるのだが、、、


今まで色んなB級ご当地グルメを見てきたが、
そのパターンの1つとして、万が一基幹店や基幹団体を失うと、
他の店も右に習えとばかりにメニュー落ちしたり、

或いはあえて別名で名乗る(当該名を名乗れなくなる)ケースが散見出来る。


これは埼玉に限った事ではない。

最も有名になった事例として、
コロナ禍で霞んでしまったが、神奈川の某B級ご当地グルメの商標権騒動は記憶に新しい。

商標権はご当地グルメを保護するには有効だが、
時として逆に絶滅を促進する諸刃の剣にもなりうる事が明らかになってきている。

又、商標出願者が当該グルメの『元締め』を兼ねているケースでは、ここがコケたらみんなコケるというリスクも浮き彫りになってきた。



この寄居戦国ハーぶ~丼に関しては詳しくは解らないが、
有名店であった旅館の閉業以降、何故かその名を聞かなくなった。。。

現に寄居町のHPからハーぶ~丼の加盟店舗一覧を見ながら、HPを持つ店舗のメニューを1店ずつ調べてみたが、
少なくとも居酒屋やワインバル、お弁当屋さんにおいてはメニュー内に確認出来ず、、、
何やら嫌なパターンの予感‼️(; ・`ω・´)


…だが調べてゆくと、ありがたい事に、
今現在ハーぶ~丼を名乗っていなくとも『事実上のハーぶ~丼』を食べられる店があるようだ。
今回は現存検証を兼ねての再トライである。


さて、うちらがお邪魔したのは、
秩父鉄道で寄居から1つ秩父寄りの駅の脇に店を構えるホルモン焼き屋さん。

結構評価の高い店人気店で、
昼の豚丼はやや安価で提供してくれている。



DSC_0018


お店のあちらこちらを見ても、
戦国ハーぶー丼の表記がまるっきり無くなっていた。

今では、秩父路名物としての豚丼を名乗っている様だ

DSC_0017


DSC_0020

ネット上を見ている限り、味が変わったなどという証言などは無いようで、、、

(参考まで、戦国ハーぶ~丼を名乗っていた当時のメニューを載せているサイト)
↓↓
https://www.tripadvisor.jp/LocationPhotoDirectLink-g1121097-d6043962-i264820138-Yakiniku_Tategami-Yorii_machi_Osato_gun_Saitama_Prefecture_Kanto.html

まぁ、屁理屈はどうでもいい。
とりあえずお邪魔してみますか、、、



ネット上では、駅に無料で車停められるとの情報があったが、
駅の駐車場は530円/日 の駐車料金になっていた。


ウチらは開店15分前からスタンバっていたので、
店に2台分ある駐車場に停められたので詳細は分からないが、
真実はどうなんだろ⁉️、、、


本来ならば駐車場の件や、今提供している豚丼が寄居戦国ハー~ぶ~丼時代と丸っきり同じものなのか等、
確認の為に話を伺うところなのだが、
コロナ禍では余所者が現地の従業員と会話を交わすなんて、豚丼だけにトン🐽でもない話。。。😅

たかがチバイキンがジモにこれ以上迷惑をかける訳にはいかず、結局疑問は解消出来ずじまいだった。


テイクアウトも考えていたが、うちらは一番客。

他にお客さんも居らず、普段なら出来ている筈の行列も無かったので、これはチャンス!
折角なので現地で戴いてみましよう。


先程うどんを食べたので、
豚丼小サイズを2つオーダー
(なるべく喋らず、『コレ2つ』と小声でメニューを指差し、指2本立てて注文、、、余所者はここまで気を遣わなきゃダメ。勿論食べる迄マスクを外すどころか仲間内の会話も自粛。)


待つ事10分、御対麺じゃ👀

DSC_0021


いいビジュアルじゃないか\(^^)/

小サイズは、大人用のお茶碗サイズ。
これから食べ歩きをするには有難いサイズだ。

DSC_0023


さて、お味は、、

さすが炭焼き、ジューシーさが違います。

肉はロースを使用。
秩父のみそ豚丼系の流れを汲むタレは美味しいけど、何か不思議な感じ。

これがハーブの力なんだろうか。。。

すこしだけ心地よい苦味を持つ奥深い味に、
ヲラは感動じゃ\(^^)/


ありがとう。そしてごちそうさまでしたm(_ _)m
コロナ禍の中大変でしょうが、頑張ってください…


確証は無いが、埼玉B級ご当地グルメ・寄居戦国ハー~ぶ~丼に関しては
これで捕獲完了扱いとしましょう。

(※B級ご当地グルメ・寄居戦国ハーぶ~丼として直接紹介すると迷惑がかかる可能性も否定出来ないので、あえて店名は伏せさせていただきました。行けば場所はすぐ分かりますけどね…ある意味、街興し系B級ご当地グルメを検証していく上で、必ず1度はぶつかる難しい一面でもあるんだよね)


さぁ、次だ次。ヲラに時間は無いだよ…🏃

今回は前半戦。目指すは秩父だ。

IMG_20200812_213720







今年はコロナによる地域分断により、遠出は自粛せざるを得ず(今年はまだ泊まりの旅行に行けてない)今まで我慢していたが、、、

そんな中、俺の背中を押す事件が発生!



廃業した歴史ある秩父地方の鉱泉宿が、
最後に8月20日迄期間限定で、風呂を一般開放するという情報が俺の耳に飛び込んできたのだよ、、、


DSC_0038


憧れの鉱泉に入れる最初で最後のチャンス♨️

後悔だけはしたくないという想いが、俺を突き動かした。


だが、余所者があまり堂々とドライブするのは地域の方々に申し訳ない。

よって、いかにジモとの接点を減らすかに留意して
日帰り旅をする事にした。


では、いざ。。。


-----------------


8月のとある休みの日、
まずは胃を動かす為に、
車の中でパン1個のみ頬張りながら朝8時に出発。


外環は空いていたが、関越道は渋滞が始まっていたので、首都高さいたま線の与野で降り、後は下道。
外環と与野出口さえ空いていれば、これが一番速くて安くて無難な行き方だ。


午前10時過ぎ、小川町に進入。


本当は寄居まで何も食わずガマンするつもだったが
小川町と嵐山町の境あたりで、
何とも良さげな『うどん店』を見つけてしまい、、、

俺の腹に眠るカエルさんの音楽隊が、
盛大なるファンファーレを演奏し始めた🐸🐸🐸

DSC_0010


『寄居までガマンするんだ!!、、、 (`・д・´)』

…だが、薄弱な俺の意思は、
内閣首相補佐官のマスク配布提案時のセリフの如く
『スパッと消えます』状態に😅


気がついたら、俺の意思とは無関係に、
体が勝手に店吸い込まれていく(^^;


なんだ、今回もうどんかよ⁉️
前回散々偉そうな事書いた割には矛盾だらけだな

とか言われそうだが、、、


シャア無いじゃないか❗️美味そうなんだから
このロケーション観たら食いたくなるだろ⁉️

IMG_20200811_173728


さて、2人前を2人で食べたら、腹イッパイになり
目的の品が食えなくなる。

ここはコロナ渦を逆手に取り、
1人前をテイクアウト。
DSC_0011


お店の方曰く、本当は店で食べていって欲しいとの事だったが、無理をお願いし、出汁用の器を貰い、
車の中で戴く。

DSC_0012


約430円のうどんは、かなり太目。
吉田のうどんみたいなゴワゴワした食感をイメージしたが、そこまで歯応えの強さは無く、
丁度いい感じ。小麦の味も伝わってくる。

DSC_0013


キノコと昆布の出汁は、
山の幸を十二分に感じられた。

やはり埼玉行ったなら、
1回はうどん食わなきゃならん。


うどん日本一の座を香川から奪い、埼玉を頂点に立たせる為には、
良さげなうどんを食ってレポする事は、サイタマニアとしての責務だ⚡️

(まぁ、この手の店のこの手のモノがもっとそこらに増え、しかも価格が下がれば面白い勝負が出来るんだけどね、、、丸亀が堂々と出店できる内は、香川に近づくのはマダマダかな)


それはともかく、埼玉にも良さげなうどん屋がある事を知って戴ければ幸いです(*´・ω・`)b

さぁ、先を急がなきゃ🏃

自宅でうどんを食べたい時、
世話になるのが、この『ふっかちゃんうどん』

20200821_192119


値段の割には美味しいのだよ、、、

二人前98円が相場だが、
恥ずかしながらウチらは、たまに値引き販売している時しか買えないんだけどね、、、😅


勿論、made in サイタマ(笑)
新10000円札の渋沢栄一💵で話題の、
そして、たまにコメントを戴く『某先輩』の領土である(?)深谷製だ!!

このうどんは、なんと、国産小麦100%‼️

20200821_192133


茹で時間は大体4分。
冷水でしっかり冷まして、冷うどんで頂きマス

20200821_195437


茹で過ぎるとブツブツと切れてしまうので、
少し早めに引き上げる方がいいかも。

モッチリタイプというよりは、
やや透明感のある、ツルツルシコシコタイプ。


普段は、1食28円の茹でうどん。
お値段以上だ。こちらも深谷製。

20200907_192000


コスパ、抜群です。。。コシは無いけどね😅




------------------------

さてさて、、、


新型コロナには、
もういつ誰が感染してもおかしくは無い。


例えどんなに気をつけていても感染する時は感染し、
するしないは運にもかなり左右される。
ウイルスの量なんて目に見えないから尚更だ。


感染力もこれからますます強くなるだろうし、
とても自己責任ではなくなる。


感染症に詳しい医師や専門看護師さえ
感染してしまうんだから、
プロが防げないモノ、俺を含む一般人には防げる訳が無い。

防げるとしたら、誰にも接触せず、非常食を食べ続け
一歩も家から出ない言葉だが、そんな事出来っこ無い訳でして、、、



万が一感染したら、
命の保証も、当然ながら無い訳で、、、
下手すりゃ今年の冬は、おそらく今年の春よりも酷い事になるだろう。

感染しても運良く助かったとして、
80%の確率で出現する後遺症に悩まされたなら、
とても働ける状態ではなくなる。。。


よって、やりたい事は、
感染力が強まる冬が来る前の今のうち…

後悔しない様に…



…という訳で、
残りの主要な埼玉のB級ご当地グルメを捕獲すべく、
7月、8月、9月の3回に分け、
埼玉西部地域に日帰り強行調査を敢行している最中。
(10月も狙えたら行くつもりだが、難しくなるかも)

勿論、周りを接触者にさせない、
そして自分がならない様に、
この『濃厚接触の定義』に当てはまらぬ様、
相互の感染予防対策を取った上で施行しております。




さて、何故、俺が埼玉に拘るのか、、、

関東では、
『埼玉を制す者がB級ご当地グルメ界を制す』
これは間違い無いと思うからだ。

20200911_185857


ここ数年、B級グルメブームは落ち着きを見せ、
埼玉独自のB級ご当地グルメ大会は2015年を最後に開催されていないものの、

開催されていた当時は、大会に出て名を上げたい野心を持つ団体が県内には多数存在した。


他県に比べてB級グルメで街おこしに積極的であり、
今も生き残っているモノも多い。

20180417_112323

(画像はイメージです)

一方、絶滅してしまったモノも多数あり、埼玉の絶滅種は県南部に多い傾向がある。
大会に出る為だけや、イベント用に開発したものも多く、
ブームに乗り遅れない様に無理して急造したものも目立った。
これが俗に言う『B級ご当地グルメは2年もてばいい方』と言われる所以である。

B級ご当地グルメの良い面、負の面、
成功例と失敗例など、
埼玉のB級ご当地グルメ界を調べて行く事は、全国的な傾向を知る事にも繋がるのだ。
まさに埼玉は、日本のB級ご当地グルメの縮図であると言っても過言では無い。



有力種から絶滅危惧種、B級ではないご当地グルメ、
郷土料理、
ご当地フードと言うにはやや微妙なもの迄合わせるとその数は

70アイテムを越える‼️



そんな熱量を埼玉は持っているので、
当然これらのB級グルメを扱っているブログやサイト等も、他所に比べて段違いに数が多くなる。

つまり、その中で検索1ページ目になるのは至難の技。


なんせ、質が段違いに高いサイトが多数存在するのだから


まずは検索キングは、
さいたまっぷるさん。
↓↓
https://jutaro123.com/saitama-b-runk-gourmet

B級グルメのコーナーがあり、
何れも地元ならではの凄い情報量。
人気店混雑時の代替え店にも言及している。

ただやたら重たくギガを食うので
Wi-Fi利用での観閲をオススメする。


次に、
埼玉B級グルメ限定なら『埼玉B級グルメ本舗』さん
↓↓
http://saitama.bkyuugurume.com/index.php?sm_map

ここの情報量は、半端ありませぬ、、、
どこかの会社が書いているようだね。
まさにチームの力か?
ここもやや重いのでWi-Fiがいいかな、、、
少し情報が古いのでリライトしてくれれば助かるんだけどね、、、💦


そして、埼玉限定じゃないけど、
『○○県B級グルメ』で検索くると、よく上位にヒットしてくるのが

セシモテレビさんの『たびはう』さん

https://tabihow.jp/

今まで10年以上の間試行錯誤しながら、
現在の形を作り上げた様で、
Twitterの記事をを流用したまとめ系の長所と、
ご自分の経験を上手くミックスしている。

各県のご当地グルメ一覧記事のリライト(まぁ簡単に言うなら、記事の定期的な内容の修正・微調整の事だな)も定期的に行っているようだ。

そうした細かい努力が実を結び、
ひと月のアクセス数は、
月間190000PVまで達したのだとか💦



そして検索では出てこなかったけど、ご当地グルメ界で、この方を語らぬ訳にはいかない。

埼玉だけじゃなく、全国的にカバーなさっている。
俺が大御所様と呼ぶブロガーさんのブログ。
↓↓
https://e-aji.blog.jp/
ココまで行くと凄い‼️もは神だ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚



これらのサイトには、逆立ちしても敵わない。

鹿野山と富士山🗻

いや、行徳富士とホンモノの富士山位の差があると言っても過言ではない。

IMG_20200812_212734

(↑↑行徳富士。画像はWikipediaより)




これらのサイトの様になるのは不可能だが、
せめて他所の県の記事同様、
『埼玉県 B級グルメ』で検索した際、
1ページ目にヒットする様にならないと、、、
(今は残念ながら2~3ページ目)


ちゃんと自分の撮った画像で、
自分の舌と自分の視点で、
そして自分の経験基に自分の言葉で、、、

そして、なるべく『低予算』で(笑)、、、、

貧乏旅ファンに向けて語らなければ、
このクソブログが存在する意味が無くなる。



この現状を打開するには、まず『数』を揃えないとデータベースとして役に立たない。

キュレーション系は10選~30選。
これらを越えるには、何らかの説得力が無ければならない。
50アイテム位を掲載しなきゃ支持は得られないだろう


昨年2019年初頭の時点での埼玉グルメ捕獲数は、
恥ずかしながら僅か27アイテム。

B級ご当地グルメやご当地フードのブログを名乗るには、とても恥ずかしいレベルだ。


特に昨年は栃木強化を優先していた為、
埼玉に関しては捕獲失敗の連続であり、

『鳩ヶ谷ソース焼きうどん』
『スタカレー&スタミナラーメン』
『春日部焼きそば』くらいしか捕獲出来なかった。
(※栃木B級グルメに関しては、18年~19年にかけ、かなり力を入れたおかげで、今年から茨城千葉群馬同様、検索結果1P目に載る様になった)


埼玉に関しては、このままじゃイカンって事で
昨年末~今年になって力を入れてきたが、
コロナの影響もあり、充分に出掛ける事が出来ず、


『岩槻ネギ塩焼きそば』
『元祖八潮やきそば』
『そうからあげ』
『冷汁うどん(すったて)』位しか捕獲出来ず。
これらを合わせても、やっと35種だ。



最低、今まで攻略が難航していた現存10アイテム、
できれば15アイテムを捕獲し、50の大台に乗せる事で
どうにかご当地グルメブログとしての体裁を保つようになりたい。


もう『埼玉スーパーネタ』や『うどんネタ』、『持ち帰りネタ』だけで誤魔化す訳には行かない野田(笑)

後悔だけはしたくない(*`Д´)ノ!




これから年末にかけては、
途中でチバラギネタや近隣ネタ、海鮮ネタ、日常食ネタを挟みながらも、
やり残した事に対し本気で捕獲作業に入ります。

今回は、かなりローカルな話。

新鎌ヶ谷のAEONのフードコート、
幸楽苑のテナント跡に、トンカツや屋さんが開業した

IMG_20200812_133617


あまり聞き慣れないブランドなんで、
どこの会社なのか調べてみたら、
介護から障害児福祉、外食から不動産まで幅広く展開している会社らしい。


異種格闘技戦、、、じゃかった💦、、、異業種参入自体は、珍しい事じゃない。


介護業界、
特にサービス付き高齢者住宅に関しては、
不動産関係の会社が旨味を求めて参入してくるケースが目立つが、
でもまさかその逆、介護から飲食業界に参入するパターンがあるとは、ビックリした😮


しかも外食部門も居酒屋から海鮮を売りにした店、
ワインバルからカフェ、うどんや屋まで多様に展開している。


老人介護業界はおそらく、
団塊の世代が一気にその数を減らす2030年辺りから急激に下火になってくる。


となると、会社自体が生き残る為に、ここ数年で全くの異業種に参入するケースも増えてくるだろう。





さて、かつ良さんの話に戻ろう。
かつ良さんは現在3店舗のみの展開、
割とレアみたいだ。
(別ブランドのトンカツ屋も合わせたら4店舗)


ここはソースタイプのタレカツ丼が売りみたいなので、新潟の会社であることを期待したが、
調べてみたらどうやら東京の会社みたいだ。

(新潟の会社であれば、当ブログでは『関東で食べられる地方のB級ご当地グルメ』扱いとして取り上げられるんだけどね、、、)




だが、カツ丼が500円以下から食べられるのは、
俺からしたら嬉しい限りだ。


さて、タレカツ丼を食べようかと思ったが、
その前にフードコートにてみんな何を食っているか周囲を見渡すと、
何故かカツカレーを食ってる方が多かった🤤


なんだか美味そうなので、俺も釣られて注文してしまいました😅

IMG_20200812_133729


結構なボリウム、、😮
当然カツはサクサクだが、カレーはまさにカツを食べる為の控えめな味付け。。。
カツ自体、なかなかの厚みがあるのには驚き👀‼️


食欲は留まる事を知らず、丸亀でブッカケうどん得サイズをオーダー。2人でシェアした、、


IMG_20200812_133812


複数店舗で色んなモノをシェア出来るのが
フードコートの長所なのだが、
ついつい欲張り過ぎるのがいけませんな。。

もう腹イッパイで動けませぬ。。。

↑このページのトップヘ