関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。
1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!!
たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。
予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000~23000円を目安にしています。
記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

船橋花火大会を見に行ったのだが、
ブレブレの写真しか撮れず。。。

20190731_201641



俺は花火大会にかこつけて、
花より団子を選ぶ人間である( `Д´)/


花火は少しだけ早めに切り上げ、
その脚で、
船橋で一番美味しいと言われている竹乃家さんに向かうが、、、

あいにくの満席( ω-、)、、、


ああっ
これで二度目( ω-、)

さすが、伝説の竹乃家さん、
相変わらず人気あるなぁ、、、


今日はダメだったが、
いつかは攻略するゾ‼



と思っていたら、
まさかの情報が、、、


この日(7月31日)で閉店だったらしい




まぁ、店入ったら、老夫婦二人が仕事に追われて大変そうな姿見が見えたし、
ウチらに気が付くのに5分位かかった位だ。

こりゃ早めに再訪・攻略しとかなきゃ、、、
と感じていたが、


まさか閉業ジャストだったとは、、、
なんたる不覚‼


日頃の行いが悪いヤツはこうなる。
みなさん、悪いことはせぬよう、、、😓



しかも、ウチらが店に入った時、
ネット上で交流のある方の様な風貌の方がいらっしゃったので、(これ、俺の勘ね、、、)
◯◯さん⁉️と声かけてみたものの返事が無く、、、


あぁ、やっぱ違う方か、、、と、その時は思ったのたが、後からその方だったという事を知り、、、(-_-;)


勇気を持って、
もう少し大きい声で声かけてみたらよかったなぁ…
(邪魔になりそうだが、挨拶位は、、、)


話は戻るけど、
竹乃屋さんにフラれた後、その辺を歩いてみたものの
俺が行けるような店はどこも混雑( 。゚Д゚。)

最後の手段、
船橋駅北口タツ屋さんへ2年振りにお邪魔した。

20190731_221457


(俺の中での通称)『殺人ハイボール』@260円
濃いので、俺は2杯飲んだらノックアウトだ(^^)
本家本元の加賀屋の方はスケールダウンしたが、
こちらはオリジナルを通している。


ミニ煮込み@150円ははコスパ良くて助かるなぁ…
20190731_212434



モモ串など、串焼き数本。
ニンニクタレは、東松山のやきとりを彷彿させる味。

20190731_213303


ここ来たら地鶏のタタキは忘れちゃイカンっしょ

火加減絶妙‼
噛めば噛む程、味が出る逸品だ。
20190731_212838




7月末から8月頭にかけての10日間は、
外出して呑む事が多くお財布はスッカラカン( 。゚Д゚。)
ご当地B級グルメの調査旅行は暫くお預けとなった。


お陰で、もう旅行記事ストックが無い( 。゚Д゚。)
貝ばかり拾っている場合じゃないな( ̄▽ ̄;)



誰もオッサンに興味は無いのは承知しているが、
今後どんな記事が書かれるか、参考にしている方も僅かながらいらっしゃると思うので、
年内の行動予定書いておきます。

どこかいい場所があれば、情報提供していただけたら幸いです。。。


まずは、
8月末から9月に静岡に出掛けようかと、、、


片道ならば、18きっぷと同等かそれより安く静岡に行ける方法を見つけたので、
復路にてそれを検証してみようかと。
(伊豆はお金持ちじゃないと行けないので除外😩)



静岡は、全国一のご当地B級グルメ県。
3年前に一度行ったが、
富士宮焼きそばとマグロ丼、金目の煮付け、静岡おでん1本、緑茶ハイ、桜えびのかき揚げ位しかクリア出来なかった。
(過去記事。三島駅前の居酒屋は残念ながら閉業)
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/8606503.html
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/8608894.html
↓↓
http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/8391795.html



静岡という地は、何故か千葉や埼玉よりも垢抜けしている。空気は神奈川に似ている、、、かな。
どこか洗練されているのが魅力だ。

敬意を込めて、もう一度位は行かなきゃならない。


特に最大6時間待ちと噂される『さわやか』と
静岡ご当地B級グルメを一度に味わえると噂される『しぞーか酒場』には、B級グルメマニアとしては、絶対行かなくては、、、




9月~12月の間には、栃木や群馬に行きたいなぁ、、


栃木の『ビルマ汁』と『ちたけ蕎麦』を逃す訳にはいかない(まぁ栃木は今年行ったから来年に回してもいいかな、、、ビルマ汁は9月迄だし)



群馬には音楽をテーマとした旅を予定。
高崎のフォーク酒場への遠征を目論んでおります。


神田や柏をはじめ、フォーク酒場は大体1回1人2曲までと相場が決まっている。。。

そこで北関東各県出身&在住のアーティストの曲を4曲選び、メドレーとして2曲分の長さにアレンジして練習中。。。

指動かないわ、声出ないわで
どうしょうもないオイラだが、
音楽の街・高崎で一度は歌を歌ってみたいという想いは、昔から抱いていた( ;∀;)




20190808_163113


生前の形見分けとして甥っ子から『予約』のある、
俺の秘蔵の1本、

『マーティン000-1』

25年ちょい前にマーティンから出した、
廉価版シリーズのうちの1つだ。


このシリーズの中古が出回るであろう発売から5年後以降を常に狙っていたが、
16年前に津田沼の楽器屋で、約78000円の値札がついていたのを発見( ロ_ロ)ゞ、
このチャンスを逃すなとばかり、速攻銀行へ行き、
なけなしの貯金を下ろして買った一本な野田‼


まぁ安っぽいギターではあるが、
一応トップはスプルース単板、
バックはマホガニー単板、

サイドはマホガニーの合板、
指版は一応ローズだが、安い部分を使用。
仕上げは簡素な塗装。
当時の最低クラスの16シリーズよりもかなりチャチな造りではあるが、
そこは腐ってもマーティン。
音は芯がありきらびやか。


ドレッドノートタイプの兄弟機D-1とは違い、ボディー小さめネックは細め。
Dタイプよりは生産数が少なく
今となってはチョッちレアなギターです。


まぁ盗難に遭うと嫌なので旅行には持っていけず、
フォーク酒場のギターを使う事になるけどね、、、
(俺は安物のエレアコでいいよ、、、仮にギブソンがあっても、下手な俺が弾いても鳴らないギターだし)


出掛けられるうちは出掛けたいし、
秋から冬は忙しくなりそうだ。

さて、
次回の次より、栃木旅シリーズの続きに戻るんで、
今回は栃木のご当地グルメ、佐野ラーメンの名店をモチーフとしたカップ麺をば食ってみよう、、、

その名も
森田屋総本店
20190407_123130



20190407_123140


年に最低1回~2回は佐野あたりまで行くけど、
ここの店はいつも混んでいるし、
昼休みの時間帯に当たったりするから、
なかなか食べるチャンス無いんだよね。。。( ω-、)

(ここだけじゃなく、表で5人待っていたらスルーするようにしている。中待ちだって多数居る訳だから…)


ま、そんな敷居の高い人気店の味を、
カップ麺でも食えるのはありがたやありがたや(^人^)


さて、開封

20190407_123209


ほんの少しだけ濃い目に仕上げたいので、
お湯は線より2ミリ下で、、、


後入れのアブラ


さて、イタダキマス‼Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

20190407_123652


さっぱりした中にも、
かなり深い感じ。。。

めんは少しだけ太目。
さすがに佐野ラーメンの不揃い感までは出せないが、
これはこれで美味しい。

欲言えば、
ノンフライ麺の方が、佐野ラーメンらしいのど越しやシコシコ感が出て、よりホンモノに近くなる様に感じた。。。





またまたニコニコドライブインに再訪、、、


というか、
最近は房総行くと、3回に1回はここだ、、、
おかげでなかなか新規開拓が出来ん💦

20190203_115000



まぁ、ここに関しては、
以前数回このブログで書いてきたんだけど、
ここまで来てでラーメン食べる事は無かった。


だが見ていると、
お客さんの殆どが鯵フライとラーメンを注文しているので、何故なのか以前から気になっていた。。。


しかも、他のお客さんのを覗き見すると、
ビジュアルが竹岡式に似ていたので不思議に思ってググってみたら、
ここのは竹岡式ラーメンとは名乗っていないものの、れっきとした竹岡スタイルらしい、、

しかも、安い‼美味そう‼️早い‼

そこで、検証を兼ねて再訪した次第。。。



という訳で、
今回は、ラーメンじじぃブログとしてご紹介。



普通のラーメンも470円とリーズナブルだけど、
わずか50円アップしただけで
チャーシューメンになるので、そちらをオーダー


しかもこの店は、オーダーしたら数分で出来るのが嬉しい。。。
僅か5分での御対麺だ、、、

20190602_122216


おおっ、、、
茶色い色のスープに玉ねぎのトッピング、、、
まさしく竹岡スタイルじゃないか


20190602_122226

麺は少し柔らか目、ストレート、、


まさに竹岡スタイルドンピシャ!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
味も悪くはない。いや、むしろ美味い!!
コイツは癖になりそうだなぁ🤤


20190602_122557

チャーシューは5枚、、
しっかりした味わいで、なかなかのボリウム感。

ただ、房総に来たからには刺身は欠かせない。

ちょいと高いが、シマアジもオーダー

20190602_122232


勿論アジフライも二枚@380円と、
ライス@150円をオーダー、
全て家内とシェアした、、、

20190602_122750


これで1800円しないのだから恐れいる、、、

色んなモノを少しずつ食べたい方は、
とりあえずここ行けば間違いは無い。

ただこの店は、昼2時には閉店なので、
くれぐれもご注意を、、、

1泊なら、初日の昼間に寄るべき店かな、、、

ここで地魚の刺身少しと、
実質、黄金鯵と呼ばれるアジフライと同じモノ、
そしてこの竹岡式ラーメンと同様のモノを食べ、

晩飯は宿で海の幸三昧、

翌日昼間は道の駅とみうらの農産物直売所で、
激安の魚を買い、
サザエカレーや琵琶カレー、
鯵の丼などを食って帰れば、
完璧なるグルメ旅の完成だ。。。

さて、今のうちに
非絶賛大不人気シリーズである『ラーメンじじぃブログ』を掲載しときましょ、、、



今回は、ミシュラン掲載のラーメン店、、、
そのカップ麺をゲットしたので食ってみた。

20190701_121941


ワンタン入りって事だが、どこに居る⁉️

20190701_122003


お湯を注ぎ4分、、、

御対麺じゃ、、、
20190701_122428


あら、ワンタンさん、
下にお隠れあそばされていたの野田ネ、、、


袋スープを入れて完成じゃ、、、
20190701_122458



スープはややスモーキー感あり。
名の通り、鶏感が凄いや、、、

ワンタンも、ツルリン感が出ていて楽しめる。


やっぱ明星は、麺が凄い出来だよなぁ、、、
細目のストレート麺、、、
なんか竹岡式の麺を思い出す。。。



久々にあのセリフが出るな、、、

うまいよ~うまいよ~
間違いない‼️



それにしても、
サイタマ、グンマに続き、
トチギを題材にしたこんな漫画があったとは、、、

20190816_190704


今日見つけた漫画だが、
絵がヤバい(--;)

いかにもエ◯ゲーとか萌え系だ、、、💦



キャラ見るとさぁ、
涼◯ハ◯ヒと、
サ◯ラ大戦の李◯蘭のオマージュじゃね、、、⁉️
…と思うのは俺だけ⁉️

俺もヲタまっしぐらだな( ̄▽ ̄;⁉️)

さて、道の駅とみうらで買った激安鮮魚を自宅で調理してみた。

まずは激安で仕入れたもじゃこ。
言わずと知れた、鰤の稚魚だ。
20190602_195822


鯵位のサイズがある。これをニ枚におろす、、、

骨はかなり硬いので唐揚げには不向きだな。

20190602_200834


骨のついていない方は今日と明日の刺身と、
2日後の漬けに回す。

身のついている方は、
焼いたり煮たり、、、
そして骨や頭などはアラ汁にまわす。




面倒臭いのは、メジナだ。


20190602_200641

鱗、ハンパありません(^_^;)


20190602_201923


どうにか三枚におろし、
こちらも当日と翌日の刺身にまわす。
骨は勿論もじゃこと共に、アラ汁行き。


で、相変わらず料理下手で、北習志ぃ野ぅ~な食卓
20190602_214418


ま、税抜きたった380円で、
3日間刺身の類いを食べられ、
煮物も焼魚も2日食べられたのだから、
これで良しとしましょう、、、

もじゃこは稚魚だけあって、やはり淡白な味だが、
幾らか鰤らしい味を持っている。
塩焼きと刺身が合うかな、、、

メジナは、脂が乗りながらも、上品な味。
そりゃそうだ、、、鯛の親戚だからね、、、
メジナの方がもじゃこよりも2日位は余計に日持ちする。
3日目は、昆布〆でも美味だな、、、



そうそう、
もう終わってしまったけど、
道の駅とみうらでは、規格外の琵琶が激安価格で買える事が稀にあります。

シーズン中の土日とかに、テントとノボリが出ていたら要チェックです。。。

20190602_135004



魚好きは、千葉行った帰りには、
この道の駅とみうらの農産物直売所に寄る事をオススメします。

↑このページのトップヘ