関東B級グルメドライブ~「ちょに~らいでん」がメタボで帰還

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。 1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!! たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。 予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000円~23000円を目安にしています。 記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

関東近郊の貧乏旅行とB級グルメのブログ。
1泊・日帰りを問わず「いかに金かけず楽しむか」をテーマとした「B級旅行」に挑戦!!
たまに温泉や温泉水販売所についても触れます。
予算は日帰りは大人2人5000円、1泊は18000~23000円を目安にしています。
記事はあくまでUP当時の現状なので、それ以後の内容に関しては保証できませんので悪しからず。

本来ならばウチらに縁の無いクラスのホテルが、
期間限定価格にて、大人二人で5000円以下で取れた。

しかもここは宇都宮駅西口の真ん前。
飲むには絶好のロケーション\(^-^)/
長年の夢が叶いそう…

ただこのホテルは、駐車場が1000円かかる。
…が、そこはセコいオイラ…σ(^_^;)


ホテルから徒歩5分の場所に、600円の格安の駐車場を2ヶ所探しておいたので、
その片方に何とかそこに停められた\(^_^)/

20180816_192114


この旅は、この2つの成功で運を使い果たしたといっても過言じゃないだろう。。。


さて、有名店の宇都宮餃子を食べながらビールをたらふく飲む事を、数年来の夢としていた俺が、
速攻向かったのは、あの「みんみん」さん。


ちなみに以前何回か食べた某チェーンの方は、
観光客相手の店として宇都宮市民からは冷ややかな目で見られ毛嫌いされているようで、
どうやら宇都宮市民からは認められていないらしい。



よって現地民曰く、
少なくとも「みんみん」さんや「正嗣」さん、
香蘭さんや餃天堂さんなど、
ジモティが認めている店で食べない事には、
B級ご当地グルメとしての宇都宮餃子をクリアした事にはならないそうだ。
(俺は某チェーンのしそ餃子、大好きだけどなぁ…なんで宇都宮市民からあんなに嫌われてるのかが解らん)



宇都宮東口店が定休日だったのを忘れ、
あわてて西口の駅前ビルの3階にある店舗に向かう。
20180816_203342


20180816_200652


が、20時のオーダーストップ5分前にも関わらず、
かなりの行列が出来ていた。

なんてこったい
また夢は破れるのか❔


…だが、ここまできて簡単には引き下がれない。

ダメ元で店員さんに聞いてみたところ、
ギリギリセーフとのお返事が😆
ただ、ワンオーダーのみとの条件だった。。。


まぁ、シャアない。。。

餃子一皿とビール1杯だけでも、
ロストするよりは百倍ましだ。

20180816_201141


入り口の注意書きを見ながら、待つこと20分、
ようやく入店。


まずは予め注文しておいたビールが来た。

ここのみんみんは、酒の種類が他のみんみんに比べて多いようだ。

20180820_041033


そして、その5分後、
ようやく念願の餃子と御対麺だ。。。


20180816_201540



焼き餃子は、具がやや少な目ながら、
ジュワっとジューシーな旨みが。。。

20180816_201812


水餃子は皮が柔らかく、
気をつけないと割れてしまう。

20180816_201656


水餃子は、皮を味わうタイプだね。。。
皮がスゲェ美味い(^q^)

餃子、ビール、餃子の至福のセッション、
コイツはたまらないな\(^_^)/


さて、みんみんさんのもう1つの特徴がコレ

20180816_201442


特製のラー油。


イメージ的には、少し前に流行った食べるラー油に近い感じ。辛さと旨さ、濃厚さ、焦がされたようなスモーキー感が同居する、不思議なアイテムだ。


これでライス食ったら絶対美味いよな。。。

ライスを注文しなかった事を後悔したが、
餃子&ビールのハシゴを考えていたからシャアない。


さて、このみんみんさん、同じフロア左右に2店舗出している。

20180816_203229

これでラストオーダー5分前、両方合わせて40人以上の行列が出来ているんだから、凄いよなぁ…

正嗣さんとみんみんさんは宇都宮餃子の双璧を為すらしいので、そのうちアチラもクリアしてみたいな…

ほかにも宇味やさん、めんめんさん、幸楽さんなど
気になるところがイッパイだ。。。



さてさて、今回思ったことだけど、

地方の名物は、駅ビルの中とかで食べられるのだが
こういう場所にソツなくテナントで入るのが、地元企業として成功する黄金パターン。

駅ビルなどは家賃が高いので、利益は望めない。
ここに出店する経費は、
いわば企業として名を高めるアンテナショップとしての広告料みたいなもの。。。

これを払い続けられる位の基盤のある企業が、有名店にのしあがっていけるのだろうなぁ、、、


更には、同様の戦略をとり、なおかつ手広く色々やっている、もうひとつの某チェーンが、地元民から嫌われてアンチになっている事も、
みんみんさん一強状態の追い風になっているのかもしれないね。。。

ただ、
『観光客には不味くて高いものを、ジモティには安くてうまいもを』
という観光地が多い中、宇都宮はそこまでは極端じゃない。

現に宇都宮市民から嫌われている会社の餃子は、
俺は美味いと思うし、どこで食べてもまずは失敗しないかと思う。

今回はまず温泉のお話から。。。


那須といえばリゾートだけど、
俺の中では温泉だな。。。
コレだけは外せない

それに最近肩こりが酷く、頭痛も( 。゚Д゚。)
まずはこれを何とかしたい…
これらを何とかするなら、俺の中ではここしかない

…という訳で、
久々に鹿の湯にお邪魔した。

20180816_162953


なかなか風情がある建物ですな。。。

20180816_162707


とても風呂の写真は撮れないんで、
文章から想像してもらいましょ。。。

入浴料金は平日400円。
更にロッカーは、返却無しの100円だから、実質入浴料金は500円だな。。。😓



中は、温度別に6つの浴槽に分かれている。
それぞれ四人位しか入れない大きさだった。

鹿の湯HPより
↓↓
gallery_01



温度の低い順に3分ずつ浸かり、身体を慣らしていく必要がある。。。
俺は46℃の浴槽までは何とか浸かれたが、
48℃浴槽は、1分でギブアップだったな。。。


で、近年スマホでの眼精疲労からくる頭痛に悩まされている方に、
効果テキメンな入浴方法を1つ。


身体洗い場には48℃のお湯が貯めてあり、
それを頭からかぶるんだけど、これは熱い。
しかも本来なら100回以上かけるらしいが、
さすがに無理だし、熱いしぶきが回りにかかると迷惑この上ない。


上から温度の低い温泉が出ているので、まずはそれで冷ましながら、後頭部を中心に10回位掛ける。

慣れたら次第に熱くしていき、最後は熱い湯のまま掛ける。
尚、後頭部には直にかけず、タオルを畳んで載せて、その上から掛けましょう。

トータルで40回位掛けたら、温度低めの浴槽から3分ずつ入り、小休憩を挟みながら温度を上げていく。

休憩にて身体が冷えたら、1段温度の低い浴槽から再スタート。

これを繰り返せば、あら不思議ヽ(ill゚д゚)ノ
目の疲れと肩こりが消えておりまする。

以前痛めた筋肉などが、再びジンジン痛みだす。
身体の悪い場所が浮かび上がってくる感じかな。。。

でもそれは少し経てば和らぎます。


まぁ、俺のは正式な浸かり方じゃないし、
温泉療養っていうのは、危険との諸刃の剣でもあるんで、現地で表記された入浴方法になるべく近づけたほうがいいね。。。


そして疲れたら必ず休憩すること。
水分取ったら少しインターバルを空けること。
決して無理だけはしないように。。。



さて、鹿の湯に1時間滞在の後、向かうは南が丘牧場

20180816_135109



20180816_135140


ここは駐車場無料、入場料無料と、那須にしては珍しい場所。
ただ、動物と触れ合う場所などは300円かかる。

まぁ、簡単に言えば、アトラクション毎にお金を払う東京ドームシティの遊園地みたいなシステムかな…


ここでは、珍しい牛から取れた牛乳を極限まで凝縮したソフトクリームが売っている。

20180816_142906


20180816_140649



1つ500円と高価だが、食べる価値あり。

変な例えだけど、
まるで生クリームに無塩バターを混ぜたような、強烈な濃厚さ。。。かといってしつこすぎない。

20180816_135815


後はジャムの試食も充実!!
これがまた凄い美味。
土産に喜ばれること間違い無しだ。




南が丘牧場の詳細
↓↓
http://www.minamigaoka.co.jp/smt/


鹿の湯の詳細
↓↓
http://www.shikanoyu.jp/s/

久々にB級ご当地グルメのお話しです。。。

このままご当地B級グルメの記事を書かないでいると
バンドに例えたら、あまり楽器を弾かないのにバンドを名乗っている「某関西の無限大なグループ状態」になってしまうんで、
書けてホッとしております。


さて、いざ、、、



自宅のある千葉県から那須に行く途中、
少しだけコースオーバーして、小山のジャガイモ入り焼きそばを販売する店に寄り、
栃木B級ご当地グルメである
じゃがいも入り焼きそばを攻略するつもりであったが、、、




まさかの臨時休業に当たってしまった!Σ( ̄□ ̄;)



シャア無いんで、
翌日の予定を前倒し栃木市内に向かう。

ここには本家本元の有名店があるからね。。。

20180816_103657


その名は
大豆生田商店‼

これ、なんて読めば良いか疑問だったが、
「おおまみゅうだ商店」と呼ぶらしいね。。。

俺の「ニワトリ並の小さい脳ミソ」では、
とても読めないよ。。。


ま、それはともかく、
この店は、栃木市の西側にある。
場所は食べ物ログ参照
↓↓
https://s.tabelog.com/tochigi/A0902/A090201/9002542/dtlmap/

ここはとにかく、11時にはお客さんでイッパイになる人気店だ。


ここは無事営業していたので助かった(^^;
とりあえず、普通のジャガイモ入り焼きそばを注文

サービスのコーヒーを飲んで、5分程待つ。
いよいよご対麺ダ(^^)

20180816_104506


ジャガイモは揚げてある奴じゃ無いのね。。。

桐生名物の子供洋食に、焼きそばを入れた感じかな。

20180816_104531


ソースは地元の有名なソースを使っているようだね。
焼きそばと、ホクホクのジャガイモって、
かなりマッチするんだなぁ。。。

麺は太くも細くもなく、丁度いい。
ソースが少しだけ焦げた感じがたまりまへん(´ρ`)



これだけじゃ勿体ないので、
いもフライも注文。1本100円。
ソースは二種類から選べるので、
甘しょっぱいソースで。。。

20180816_110026

ソースが衣に染みて、少しだけシットリ
これがなかなか美味なんだよなぁ(^q^)
極論、コレはソースを楽しむ為のアイテムかも…

揚げ立ても美味だが、
適度に衣がヘナったヤツの方が、
ソースを味わうのには向くね。。。
吸ってくれてヒタヒタになる感じが最高だ。



それにしてもいもフライって、
佐野だけじゃないんだな。
勉強になりました。

焼きそば二個、いもフライ1本、
計850円で済んでしまった。。。

俺があまり栃木を記事にしなかった理由。。。

それは近年、
個人的に相性が悪いからかもしれない(-_-;)


多く旅をしていると分かるんだけど、
自分と相性の良い土地、悪い土地って、
必ず存在するんだよね。。。


下調べを綿密にしない俺にも問題はあるんだけど、
それだけじゃ解決出来ない不思議な何かがある😓

まさに色んな事に翻弄されるパルプンテな世界だ。



比較的相性の良い群馬の中でも、
かつては何故か桐生のB級グルメとだけは、
あまり相性が良くなかった。


定休日だけじゃなく臨時休業やに当たったり、

事故渋滞で営業時間に間に合わなかったり、

半端ない行列とか、売り切れとかに出くわしたり、


…んな訳で、目当てのひもかわ、ソースカツ丼、コロリンシュウマイ、アイスまんじゅうなどを攻略するのに桐生に5回以上足を運んだものだった。
未だに攻略出来ていない品も2つ程残っている。




正直、温泉関係のブログを書いていた時は、
栃木はすこぶる相性の良い場所だった。


…が、何故か、比重をグルメに変えたとたん、
なかなか相性の悪い地になってしまった野田。。。


行程を組んでも、イレギュラーな事が多く、
常に行動予定を修正しながらの旅を強いられがち。

防御率4点台のピッチャーしかいないチームの継投采配を強いられる監督並に苦労するかも。。。


宿泊費が他の北関東3県の中では、高めで推移するようになり、足が遠のいた事も多分に影響しているんだけどね😓




だが、グンタマチバラギのご当地グルメを紹介するブログとしては、いつまでも栃木を仲間外れにしておく訳にはいかない。。。



今回は宇都宮駅前のホテルが安く出ていたので、
これはチャンスとばかり、
やり残した事を中心に組んでみたのだが、

ホント上手くいかんかった。
ここまで噛み合わない事も珍しい。。。


どれくらい悲惨だったかというと。。。。



(1日目の予定)
小山のじゃがいも入り焼きそば店で栃木B級グルメ、じゃがいも入り焼きそばを攻略
↓↓
新4号に戻り、ずっと北上し途中から高速に
↓↓
那須の某山奥にある鉱泉湧き水の検証と採取
↓↓
牧場見学
↓↓
鹿の湯で入浴
↓↓
とて焼きでオヤツ、できれば塩原に寄る。
↓↓
宿を取ってある宇都宮まで南下し、餃子の名店で念願の宇都宮餃子でビールをたらふく飲む。。。

…予定だった筈だが、、、



実際は
1日目…
小山のじゃがいも入り焼きそばの店は臨時休業
↓↓
栃木市内へ足を運び、じゃがいも入り焼きそばを食べられたものの、かなり遠回りになった為に予定より約90分のタイムロス。
鹿沼から矢板まで高速を使い、遅れを半分取り戻すが
1000円の出費。。。
↓↓
那須某所の鉱泉湧水→禁止の張り紙。確保ならずロスト

20180816_133906

↓↓
鹿の湯の入浴、何とか無事達成したが、、、
↓↓
入浴後、牧場に行くも大雨でずぶ濡れ
20180816_132507


↓↓
とて焼きは営業時間にギリギリ間に合わず、ロスト
↓↓
宇都宮に向かう際、「矢板市内で焼いた竹刀」を持って暴れたくなる位の酷い渋滞にハマり。。。
↓↓
宇都宮に到着後、狙っていた格安駐車場に行くも満車
第二候補に行き20分のロス
宿に1時間遅れで午後7時半過ぎにチェックイン
↓↓
急いで宇都宮駅東口のみんみんに3回目のチャレンジに向かうも、再び定休日で3度のロスト
慌てて西口のみんみんに行くも8時オーダーストップ
時間が無い上、半端無い行列。
ダメ元で店員に聞いたらギリギリでワンオーダーなら可と。
→餃子とビール1杯だけは何とか達成
↓↓
当然足りないので他の店を狙うが、
どこも半端無い行列


20180816_204748

シャア無いんで、他の店で少し小腹を満たすも、
予算大幅オーバー
まぁ、終始こんな感じ





(2日目の予定)

道の駅にしかたで目当ての蕎麦で朝食
↓↓
某販売機に寄る
↓↓
にしかた温泉での入浴
↓↓
岩下生姜スタジアム見学、
↓↓
栃木B級グルメ、ゆうがおラーメンの攻略

の筈だったが、、、




実際の2日目の行程

道の駅にしかたレストランに行くが、少しだけ早くてまだ営業しておらず、、、しかも目当ての蕎麦はメニューから消失。
↓↓
某販売機に行くも故障中
↓↓
仕方なく温泉施設で先に朝食を取ろうと入ったものの
レストランの営業は11時からと判明
空腹で険悪な雰囲気に( 。゚Д゚。)

結局食事が11時過ぎになってしまい、腹がイッパイ
栃木市内のゆうがおラーメンは諦めざるを得なくなってしまった。
↓↓
この後、丁度先程の販売機に関係者が来ていたので復旧を待っていたが結局ダメ。。。
ここでかなり時間を喰ってしまった。。。


待っていたおかげで、生姜スタジアムで時間をつぶせば夕顔ラーメンが入る位の腹が空きそうだったので
ネットで営業時間を調べていたら、営業時間に合わない事が判明。
しかももう1店舗は定休日。。。


トラブルにて目当てのモノをゲット出来なかったこともあり、
急遽佐野に行き先を変更し、ラーメンは名店の佐野ラーメンに計画変更。ここでは行列が出来ていたが、地元の名店の1つで念願の佐野ラーメンをゲット


最後、帰宅ラッシュに見事にはまり
自宅到着は予定より二時間オーバー。。。( 。゚Д゚。)
予算も禁断の20000円越えしてしまった。


とにかく、
修正、修正、修正の雨嵐で、
頭をフルに使ってしまい、
暫く旅には出たくない位に疲れてしまった…😓

こんな気持ちになったのは初めてだ。。。




ではなぜ、このような事になってしまうのか、
カッカカッカせず冷静に分析みたところ、
とある共通する傾向に気がついた。



まずひとつ目として、
全体的に営業時間の短い店舗が多かったり、
昼休みがある店舗が多いということ。

行程上、2つのご当地Bグルメや郷土食を攻略しようにも、どちらかを食べると満腹になってしまい、結果片方を諦めざるを得なかったりする事が多かった。


例えば、佐野ラーメン。。。
比較的名の通った店は休憩時間がやや長いので、帰りの時間を考えると、営業時間中になかなか滑り込むことが出来なかった。



2つ目は、俺のニーズが現実と解離していること。

例えば宇都宮市街の餃子店は割と閉店時間が早く、
夜8時前にラストオーダーの場所が多いし、
名店の1つでは酒類の提供をしていない事もあり、
俺の願望であるギョーザ&ビールを達成する事自体無理があった。

さらには前述のように、便利な場所に格安の宿が無いという現実もある。



3つ目は、移動時間の問題。

曜日によるけど、栃木はあちらこちらで渋滞があり、時間が読めない場所がある。
時間がかかると、店の営業時間に間に合わず、結果ロストしてしまう確率も高くなる。

しかも狙っているB級グルメを攻略しようにも、
広範囲にポツポツとある為に移動時間がかかってしまうので、一気に攻略する事が困難なんだよな。。。






今後、栃木行く際は、
B級グルメに関しては、桐生を攻略した時と同じように1日1品に固定にした方がいいかな。。。

広範囲に色々回ると、取り返しがつかない事になりそう。

十分な下調べをした上で、こまめに足を運ぶ戦法をとるべきか。。。



という訳で、
今回の栃木の記事は旅シリーズとしては、
とても記事に出来そうに無いのが不安だけど、
踏ん張って書いてみましょう。

今まで大好評だった、はま寿司の有名声優ナレーションシリーズ。



明日から、いよいよ第5弾らしいね、、、

さぁ、今回は誰になるのか…

20180913_121220



ウチらが以前にした予想は、


◎本命
・戸田恵子さん(アンパンマン)
野沢雅子さんの後釜は、大抵この人に役が回ってくるという方程式が昔から存在する。女優さんとしても一流なので知名度はダントツ


○対抗
・田中真弓さん(ルフィ)
大人から子供まで馴染みのある声。数々の主役を演じてきたので、本来ならこの人が大本命か?

・矢島晶子さん(先代しんのすけ)
『帰ってくる』というニュアンスから、あり得る?


▲単穴
・松本梨香さん(サトシ)
・大谷育江さん(チョッパー)

ポケモン育ちがパパママになりつつあるし、
チョッパーは特徴ある声だからね。。。
二人とも実績、声の知名度とも十分。
ただ二人は、一般に顔出し可なのかな??


△注意・連穴
・岡村明美さん(ナミ)
・小桜エツ子さん(ジバニャン)
人気キャラや主要キャラの声あてているけど、ちょっち捻りすぎか、、、


追加の△注意・連穴

・古谷徹さん&池田秀一さん(アムロ=レイ、シャア)
個人的願望。ガノタの端くれなら『お寿司、いきまぁ~す!!』みたいなガンダムのセリフを聞きたい。

・堀川りょうさん(ベジータ)
たまにテレビにも顔出しているから、一般的にソコソコ有名だな。。。
第1弾と4弾のドラゴンボール繋がりで。。。

・日高のり子さん(さつき、朝倉南)
ベルメール役でワンピースに出ているけど、知っている年齢層ではやや上か、、、元アイドルデビューだけあって、とりあえず知名度は高いし、とりあえずジブリで主役を張った事もあるので、敬意を表してノミネートしない訳にゃいかない。




無印(ノーマーク)
サザエさんからは、著作権の敷居が高くて誰も出ないと予測。

又、林原めぐみさんや山寺宏一さんあたりはかなり有名だけど、ファミリー向けのキャラとしてはこれといったキャラを絞りにくく、暫くは出てこないと読んだ

夏目友人帳に出てくるキャラの声優さんは、主役級の声を幾つも担当する売れっ子声優ばかりだが、国民的超有名キャラの声は当てていないので、軒並みカットする。

こうして、
勝手に色々予想して楽しんでいたが、、、




はま寿司のお知らせを見ると、
『あの人が帰ってくる』
『再来』
との事らしい。。。


だとすると、俺の予想はハズレ( 。゚Д゚。)
過去の4人のうち3人、
TARAKOさんや高山みなみさん、中尾隆聖さんの、
いずれかの再登板という事かな❔
↓↓
http://www.hamazushi.com/hamazushi/topics/2018/0907001229.html

ただ、これじゃ芸がなさすぎるので、
思いっきりフェイントをかけてくるかもしれない。


そう思い、このシリーズの4人の声優さん以外で、
過去にCMに登場した声優さんを探してみようとググってみても、
タレントの山口もえさん位しか出てこず、、、

『再来』『帰ってくる』
というのは、今まで出た4人の声優さんの事ではなく
テレビ放映が終わった有名アニメの声がナレーションとして帰ってくるという事になのか⁉


そうなると、もはや予測不可能( 。゚Д゚。)



それとも第5弾で一旦ラストとするならば、
今まで4人全員のシャッフルとか…

いや、
これだとギャラをいくら用意しても足りないな




誰だ??


一体誰になるんだ(@_@)??     





とにかく、今週末を
楽しみにしましょう(^^)


そうそう、
はま寿司では、声優さんシリーズ第5弾とともに
牡蠣のフェアが始まる(^^)

http://www.hamazushi.com/hamazushi/topics/2018/0911001230.html


cefe725c-s

(写真はイメージ)

またこの時期がやってきた。
牡蠣は美味い。。。楽しみだなぁ🤤

解禁される13日は、俺は昼間は非番。
速攻行って見ようかな。。。


追記


ここまで大袈裟に書いてなんだが、


再来は普通の再来でした(-_-;)



商売の邪魔になるんで
誰かは言わないよ。。。

でも、これで第5弾を名乗るのは…(-_-;)


ま、落胆しながらも、
秋鮭と、さんま、カキフライ食べてきた。

最近、ノロ予防及びリスク軽減の為、
牡蠣を生で食べさせてくれる店、減っているなぁ

生っぽい牡蠣の握りは、蒸し牡蠣との事にて止めておいた。

20180913_122004



もし第6弾があれば、
そっくりそのまま、この予想を生かしましょう(^^)

↑このページのトップヘ